2019年8月21日 (水)

Linux Mint 19.1 を 19.2 へアップグレードしてみたよ。

この記事。ブログにあげるほどの内容じゃないんですが。。。

 

更新間隔が相当空いちゃったから。。。

 

先日、Linux Mint 19.1 から 19.2 へアップグレードしたので、

その時の経験談です。

と言っても、以下のブログの記事を参考にしただけなんだけどね。

https://blog.linuxmint.com/?p=3792

 

まずは、システムを19.1の最新にするために「アップデートマネージャ」にて「更新」&「アップデートをインストール」を実行。

Screenshot-from-20190820-122035

 

次に、「Timeshift」にてシステムスナップショットを採取します。

 

Screenshot-from-20190820-123158

 

「アップデートマネージャ」ー>「編集」ー>「Upgrade to "Linux Mint 19.2 Tina"」を実行。

Screenshot-from-20190820-123421

 

すると以下に示す画面が表示されますので、あとは画面のチュートリアルに従ってください。

Screenshot-from-20190820-123539

 

最後にリブートします。

 

その後、「システム情報」を見ると、ちゃんと19.2になっております。

Screenshot-from-20190820-124139

 

Wineの環境も問題ないようです。

Screenshot-from-20190821-211445

 

今のところ、問題は生じていませんね。あと、19.2の魅力も感じない。www

2019年8月 3日 (土)

アペックスラジオ 55CPL-AT 中波受信用簡易カプラーを使ってみた

Img_1814

アペックスラジオさんで、長らく欠品していた

55CPL-AT 中波受信用簡易カプラー

が再入荷されましたので、早速購入して使ってみました。

 

ちなみに、この商品をざっくりと説明するとですね、

一般的なポータブルラジオでは、AM受信時、ラジオ内臓のバーアンテナが使用されるのですが、

このカプラーは、その内蔵のバーアンテナに対して、外部アンテナからの信号を結合するもので、

簡単にいうと、AM受信において外部アンテナ端子が無いラジオでも、外部アンテナを繋げることができまっせ!

という商品です。

 

で、今回私は、

ラジオは、TECSUN PL-880

アンテナは、AOR SA7000を使用しました。

 

<周波数:873KHz>

  • 使用前

Img_1812

  • 使用中

Img_1813

カプラー使用前は、シグナルレベル(ラジオの液晶画面右上に表示される値)39dBμ,13dBで

放送局が雑音の中に埋もれてしまっていたのですが、

カプラー使用中は、シグナルレベル50dBμ,12dBとなり、放送がはっきり聴こえます。

 

<周波数:1062KHz>

  • 使用前

Img_1815

  • 使用中

Img_1816

別の周波数(1062KHz)でも試してみたのですが、

カプラー使用前は、シグナルレベル25dBμ,01dBが

カプラー使用中は、シグナルレベル44dBμ,17dBと、効果がはっきりと。

 

 

また、私の部屋は集合住宅ということもあって、

結構、フロアノイズが凄いので、AOR GT-1と併用してみたのですが。。。

  • 使用前

Img_1817

  • 使用中

Img_1818

凄いね。ノイズレスで聴こえます。

 

通常、AM受信時は放送局に合わせて、ラジオをグルグル回転させておりましたが、

このカプラーを使うと、その操作も不要。

 

このカプラー、1個持っているだけで相当重宝するのではないでしょうか。

おすすめ。おすすめ。

2019年8月 2日 (金)

LibreELEC システムの手動(manual)での更新方法

暑いね!

私の街では、37度を超えて、部屋の中にいても熱中症になりそう。

 

そんな今日ですが、LibreELEC システムの手動(manual)での更新方法を備忘録として記述しておきます。(なんの脈略もないんだけど。。。)

 

1.画面左上の"システム"(歯車のマーク)をクリックします。

Img_1796

2."システム"->"LibreELEC"をクリック

Img_1797

3."このプログラム..."をクリックして、現在のバージョンを確かめます。(例では、バージョン9.0.1です。)

Img_1798

4."更新情報"->"自動アップデート"をクリックします。

Img_1799

5."manual"をクリックします。

Img_1800

6."アップデートチャンネル"をクリックします。

Img_1801

7.アップデートチャンネルを選択します。(例では、"LibreELEC-9.0"をクリック)

Img_1802

8."入手可能なバージョン"をクリックします。

Img_1803

9.入手可能なバージョンを選択します。(例では、"9.1.002"をクリック)

Img_1804

10.アップデートするか否かの確認ダイアログが表示されますので、"はい"をクリック。

Img_1805

11.すると、ダウンロードが開始されます。

Img_1806

12.ダウンロードが終了すると自動的にシステム更新&リブートが実行されます。

Img_1809

13.バージョンを再確認します(3.の要領にて)。(例では、バージョン9.1.002になっております。)

Img_1810

 

この手順、意外とググっても見つからないよね?

知っていて当然なのかしら?

 

 

 

そうそう、全然関係ない話ですが、

最近、AmebaTV「ひろなかラジオ」にハマってます。

 

弘中アナが視聴者の悩みに答えるコーナーがあるんだけど。。。

 

そりゃ、もうバッサリ!

 

気持ちいいほど。

 

ちょー面白いからチェックしてみて。

2019年7月19日 (金)

久しぶりにPERSEUS SERVERを立ち上げてみた。(PR-500KIの設定など。)

20190718

昨日、PERSEUS SERVERを久々に立ち上げてみました。

 

そこで、今回は、PERSEUS SERVERの環境構築手順を備忘録として記述しておきます。

 

ちなみに、昔、PERSEUS SERVERの環境構築手順については、このブログに記載したことがありますが、

当時から時間もだいぶ経ってしまい、ルーターやアンチウイルスソフトのUIも変化しちゃったので、

アップデート版として参考にしてみてください。

 

  • PERSEUSの設定

<サーバー>

20190717

Nickname:サーバーを識別する文字列であり、クライアントとマップに表示されます。(半角英数字のみ使用可能。 4~15文字)

Password :パスワードの認証で、サーバーアクセスを限定します。 (半角英数字のみ使用可能。6~ 14文字)

※"Allow unauthenticated sessions"(無認証接続許可)にチェックすると、パスワードを知らないユーザーでもサーバーにアクセスできます。

Disconnect unauthenticated sessions after:無認証接続時の最大接続時間(単 位:分)。(半角数字で、0~120)

After a session expires accept it again after:再接続するまでに拒否される時間(単位:分)。(半角数字で、2~120)

Server Name or IP Addr:アンテナ名を入れている人が多いです。

City/Country:都市名/国名

Latitude:緯度

Longitude:経度

※緯度、経度は、Google Map等で求めることができます。この値を間違えると、自分のサーバーがマップ上のとんでもない所に表示されるのでご注意を。

 

<クライアント>

20190717-1

Client Nickname :各々のクライアントを識別する任意の名前。(半 角英数字のみ使用可能。4~14文字)

City/Country:都市名/国名

Latitude:緯度

Longitude:経度

 

各フィールドの詳細は、以下のURLを参照ください。

https://www.aor.co.jp/perseus/files/Client-Server_Perseus_Software_Reference-JP02A.pdf

 

  • サーバー用PCの設定

インターネットプロトコル(TCP/IPv4)のプロパティで以下のようにIPアドレスを固定(例では、192.168.1.100に)します。

ちなみに、DNSサーバーのアドレスは、ルーターの設定内容から求めることができると思います。

20190716-7

 

  • アンチウイルスソフト(McAfee)の設定

以下の3つにインターネット接続の許可があればOK。(特に指定しなくてもPERSEUSを動作させると登録されるはず。)

MTTP Protocol Handler

Perseus Control Sotware

Perseus Servser Control Software

20190716-9

TCP/UDP:8014ポートでアクセスできるように許可を与えます。

20190716-8

 

  • ルーター(PR-500KI)の設定

IPv6プラスで接続していると「静的IPマスカレード設定」が使えないので、IPv4接続に切り替えます。

まず、ブラウザで以下のURLのいずれかを入力して「IPv4設定」画面を呼び出します。

http://192.168.1.1:8888/t/
http://ntt.setup:8888/t/
http://192.168.1.1/t/

20190716-5

「IPv4設定」画面にて「IPv4の一時停止」の”機能停止”にチェックを付け、設定ボタンを押します。

20190716-6

これで、「静的IPマスカレード設定」メニューが表示されるようになるので、

再度、ブラウザで以下のURLのいずれかを入力してルーターの管理画面を呼び出します。

http://192.168.1.1/
http://ntt.setup/

PERSEUSの設定にてポート:8014、サーバーのIPアドレスが192.168.1.100としましたので、

「静的IPマスカレード設定」メニューにて以下のように設定します。

20190716-3

20190716-1

 

これで、PERSEUS SERVERが、ちゃんと動作していると思うんだけど。。。

 

まぁ、自分のPERSEUS SERVERが問題なく動作しているか否かは分からないんですが、

欧州や米国のPERSEUS SERVERに入って、その国のラジオが聴けるのは楽しいです。

2019年7月18日 (木)

20万アクセスを達成しました。ありがとうございます。そして、これからもよろしく。

このブログ(ココログ)が、

昨日、20万アクセスを達成しました。

 

ありがとうございます。

 

記事の内容に一般的な話(万人ウケするような話)が少なく、

また、最近、記事の更新が少なかったので、

申し訳ない気持ちもありますが。。。

 

でも嬉しいです。

 

このブログをいつも読んでくれている人、

たまたま、このブログに訪れた人、みんなに感謝です!!

 

アクセスしていただけるだけで、私は幸せ。

それだけで、私のモチベーションは上がります。

 

7月の(今月の)約18日間のアクセスを見てみると、

20190718-083855

Linux関連の記事へのアクセスが多いかな。

この状態は、当分続きそうですね。

20190718-083955

Linux関連の記事へのアクセスが多いためか、

「情報通信」「メーカー」「大学」からのアクセスが常にあります。

20190718-084044

私のブログ。記事の内容からか、Linuxからのアクセスが、まぁまぁあります。

今月は少ないですが、月によってはLinuxからのアクセスが

約半分になったことも。

 

 

なので、今後は、Linux関連の情報をメインに発信していこうかと。。。と言いたいのだけれども。。。

 

私、Linuxのエンジニアでもなければ、バリバリのプログラマーでも無いのよ。

だから。。。あんまし期待しないでね。温かい目で見てくださると嬉しいです。

 

あっ、でも、みなさんのお役に立ちそうな情報が見つかったら、

積極的に情報発信して行けるよう頑張りますので、

これからもよろしくお願いします。

 

このブログを読んでくださった全てのみなさん、ありがとう。😃💕

2019年7月 3日 (水)

野尻湖遠征2019 〜近年稀に見る大漁かと。〜

Img_1596

今年も行ってきました!野尻湖!!

 

そう、スモールマウスバスを釣りにね。

 

でね、今年は6/29,6/30(半日)と1日半の釣行。

 

6/29は、先ずは、昨年釣果が良かったポイントを回ってみたのですが。。。

なんか渋くて、

午前中になんとか2本。

そして、午後はというと、

予報通り雨が降り出して来て、それも、シャワーを浴びているかのような土砂降りで。。。

レインウェアを着てはいるんですが、風に当たるとみるみるうちに体温が奪われてしまい。。。

私の、集中力が。。。切れた。(やる気ゼロ)

結果、この日は2本止まり。

 

6/30は、前日(6/29)に釣れたというポイントを集中的に。

前日、別の船に乗っていた仲間曰く、

「前日は、フラットエリアの深度5mラインの釣果が良かった。」とのこと。

そこで、魚探とにらめっこしながら丁寧にポイントを探し。。。

なんと、そのポイントだけで、私が3本。同船していたS氏も3本、バラシ1本。(確か?)

で、他のポイントでも、単発の2本があり、

結果、この日(半日)は5本。

 

トータルすると、私は7本。

1日半、私を含め四人で、トータル26本。上出来っしょ!

 

今年は、どうも「ポイントがハマれば釣れる。」という感じでした。

 

<タイムテーブル>

日付 時間 場所 ワーム
6/29

10:57

琵琶島

ゲーリーヤマモト シルクワーム グリーンパンプキン

11:43

琵琶島

バークレー インチホッグ グリーンパンプキン

6/30

08:58

松ヶ崎

バークレー インチホッグ グリーンパンプキン

09:47

神山国際村ワンド

バークレー インチホッグ グリーンパンプキン

10:46

神山国際村ワンド

バークレー インチホッグ グリーンパンプキン

10:55

神山国際村ワンド

バークレー インチホッグ グリーンパンプキン

12:49

琵琶島

ゲーリーヤマモト シルクワーム グリーンパンプキン

 

<リグとタックル>

  • リグ:キャロライナリグ
  • ロッド:がまかつ LUXXE ATS05 SM Master S70L "SPLIT"
  • ライン:フロロ3.5lb,(リーダー フロロ2.5lb)
  • シンカー:ジャッカル タングステンカスタムシンカー 1/16oz
  • フック:がまかつ WORM326 Small #12

 

Img_1604

 

Img_1611

ピース!

 

Img_1601

この数年は、鰯サイズしか釣れなかったので。。。

この喜びようです。😃😃😃


2019年6月 9日 (日)

Zorin OS 15 Coreを触ってみました。

Screenshot-from-20190609-190407

先日、Zorin OS 15がリリースされていましたので、

早速、Coreをインストールして少し触ってみました。

 

まず、外観ですが、

全体的にGUIのエッジが丸くなっております。

私的には、こちらが好みですね。

 

音楽環境については、

「ソフトウェア」メニューに"Asunder"が見つからなかったので、

ターミナルから以下のコマンドを実行しインストールしました。

$sudo apt install asunder

 

Asunderの設定は、以下のように

Screenshot-from-20190609-213902

  • インターネット接続にHTTPプロキシを使うにチェック
  • サーバ:freedbtest.dyndns.org
  • ポート:80

を設定し、最近のCDとしてAKB48のCD「ジワるDAYS」をリッピングしてみました。

 

ちゃんと、アルバム名、アーティスト名、タイトルがマッチングできてます。

 

音楽再生は、プリインストールされている"Rythmbox"にて。

 

動画環境については、

定番の"VLC"を「ソフトウェア」メニューからインストールしました。

 

しかし、市販のDVDは、そのままでは再生できなかったです。

なので、以下の呪文をターミナルから実行する必要がありました。

$sudo apt install libdvd-pkg
$sudo dpkg-reconfigure libdvd-pkg

 

最後にWineを。

Wineのインストールは、ターミナルからCLIを使い、

公式リポジトリから問題なくWine 4.0をインストールすることができました。

また、Windows XPのゲームが動作することも確認できました。(1個だけね。)

 

が、その後、「ソフトウェアの更新」メニューでエラーが発生するように?!

なぜ?どうして?

 

ちょっと調べた結果、

https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ bionic main

にて

「公開鍵を利用できないため、以下の署名は検証できませんでした」というエラーメッセージが出力されている模様。

 

この問題について、調査しようかとも思ったのですが。。。

深みにハマりそうなので、Wine環境をアンインストールしてしまいました。

(どっか、手順を間違ったのかしらね???)

Wineをターミナルから手動で(CLIにて)インストールしてはダメみたいです。

「ソフトウェア」メニューから"Windows App Support"をインストールすれば、

Wine(この時点ではバージョン4.0でした。)とPlayOnLinuxがインストールされます。

もちろん、「ソフトウェアの更新」メニューでエラーにはなりません。

 

Zorin OS 15 Coreの第一印象の話でした。

2019年6月 6日 (木)

Nikon D850でSnapBridgeを使ってみた。

Img_1256

SnapBridgeとは、Nikonのカメラ(Bluetooth搭載機)で撮った写真を、

撮った瞬間からスマホに転送(保存)してくれるアプリ(機能)です。(自動連携)

また、SnapBridge には、スマホに転送した写真をシームレスに

NIKON IMAGE SPACE(オンラインストレージ)へ転送する機能もあります。

詳細は、Nikonのサイトをご覧ください。

 

私の場合、画質モードをRAW(バックアップ記録)にしていたこともあって、

今まで、SnapBridgeを使っておりませんでした。

 

なので、ブログに写真を掲載する場合は、

  1. PCとカメラを接続
  2. Nikon Transfer 2にてPCへ写真データの転送(取り込み)
  3. ViewNX-iにて写真を選択し、写真のRAWファイルをJPEGに変換。
  4. サイズ縮小をして、ブログにアップ。

という手順(自宅作用)を踏んでいたのですが、

SnapBridgeを使用すると

  1. 「写真」アプリから写真を選択し、ブログにアップ。

と。スマホ内で完結しちゃいます。

 

と言う訳で、旅先の感動をいち早く友達と共有したい場合、SnapBridgeはとても便利です。

もちろん、ブログだけでなくいろんなSNS(Twitter,インスタ)との連携も可能です。

 

あっ、大事なことを言い忘れておりました。

自動連携では、RAWファイルとTIFFファイルは転送できません。

なので私は現在、D850の画質モードをRAW+FINE★(JPEG)にしています。

(※動画の転送については、Nikonのサイトを見てください。)

 

最後に、参考としてSnapBridgeのスクリーンショットを載せておきますね。

  • ペアリング後のメイン画面

Img_1251

  • 自動連携にて転送された写真の確認画面

Img_1252

2019年6月 4日 (火)

Volumio on Tinker Board SのHDMI出力(TV接続)で音が出ない?

Img_1070

先日より話題にしておりました

 

Volumio on Tinker Board SのHDMI出力(TV接続)にて、

数分でTVの画面が黒くなって音が出ない問題

 

ですが、原因が判明しました。

 

私が持っている東芝のREGZAの場合、デフォルトでは

「機能設定」「省エネ設定」「外部入力無信号オフ」「待機にする」

になっており、その設定を

「機能設定」「省エネ設定」「外部入力無信号オフ」「動作しない」

とすることで、この問題は発生しなくなりました。

 

細かい仕様がRaspberry Piと異なるようです。

 

この件に関して、誤った情報を記載してしまったこと

深くお詫びいたします。すみませんでした。(過去記事は訂正済みです。)

 

Volumio on Tinker Board Sは、快適な音楽ライフを楽しめます。

興味がある方は是非試してみてくださいね。

2019年6月 3日 (月)

「速報」Tinker Board SのTinkerOS_Debian V2.0.10でもChromiumがクラッシュします。

Img_1078

まぁ、結果は見えていたのですが。。。

 

2019/5/31にバージョンアップされた

Tinker Board SのOS TinkerOS_Debian V2.0.10 においても

Chromiumがクラッシュする問題は解決されていないですね。

(インストール直後のChromiumバージョンは、67.0.3396.87でした。)

 

KODIもバージョンが17.1と古く、AirPlayが動作しないです。

 

ちなみに、Chromiumのバージョンを固定する場合は、

以下のコマンドを実行してください。

 

$sudo apt-mark hold chromium

 

ASUSとしては、Tinker Boardのデスクトップとしての使い方は非推奨なのかしら?

IoTのコア的な使い方を推奨しているんでしょうね。多分。

«野尻湖遠征 2019に向けて購入したもの

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク