« 家入レオ 4th ワンマン Tour@福岡市民会館 〜盛り上がったぜ!〜 | トップページ | 我が村の風景 〜「紫陽花。」 Nikon Dfより〜 »

2015年6月 7日 (日)

PCR AnyWhere -win,Mac等でIC-PCR100からIC-R2500を操作可能-

今日は、このプログラムについて紹介したいと思います。

Pcr_anywhere

そのプログラムとは、"PCR AnyWhere"。

このプログラムは、
・Icom IC-PCR100
・Icom IC-PCR1000
・Icom IC-PCR1500 / IC-R1500
・Icom IC-PCR2500 / IC-R2500
を、
・Microsoft Windows (XP / Vista / 7 / 8), 32 or 64 bits.
・or Linux (Ubuntu, Fedora, CentOS, Red Hat and Raspbian have been tested), 32 or 64 bits.
・or Mac OS X (only Lion have been tested)
・Java Runtime Environment (JRE) 7, 32 bit version.<-最新のJRE 8(32bit)でも動作します。
で、リモートコントロールできるすばらしいソフトです。

<手順1>
まず、このソフトウェアの入手先は以下のURLの「Downloads」メニューからダウンロードします。

http://www.pcranywhere.com/

私が評価した限りでは、Windows版が安定しているので、
ここでは、Windows 7(32bit)を例にして説明しますね。
また、使用した受信機は"Icom IC-PCR1500 / IC-R1500"で説明します。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

<手順2>
インストールは、「Downloads」メニューに存在する"User Manual - English"を読んでインストールしてください。
そんなに難しくないです。

Windoesの場合は、以下のリンクをクリックして、Windows版をダウンロードして実行します。
(直接、exeファイルを実行してもよいです。)

"Installation package for Windows"

ちなみに、私は"Current version - v2.2.1"をダウンロードしました。

<手順3>
PCに"Icom IC-PCR1500 / IC-R1500"を接続して、"Icom IC-PCR1500 / IC-R1500"の電源をONにします。

その後、"PCR AnyWhere"に付随している"configuration"を実行して。
PCの"PCR AnyWhere"に"Icom IC-PCR1500 / IC-R1500"を認識させます。

たとえば、

Configuration1

Languageに"English"を選択し、"Next>>"ボタンを押します。

Configuration2

最初は、"Local"で評価してみましょう。
(いろんな機能は、徐々にトライしていけばよいと思います。)

そこで、"Local"を選択し、"Next>>"ボタンを押します。
すると、以下の画面が出ますから、"Detect"を押してください。

Configuration3_2

"Detect"が押されると、PCの全Portをスキャンします。

Configuration4

本例では、COM7にIC-PCR1500が検出されています。


で、このまま次のステップに進んでもよいのですが、
私は、音声はPC側で聴きたいので、
"Edit hardware"にチェックを入れ、

Configuration5

"Audio"に"USB Audio CODEC"を選択し、
"L.mute"にチェックを入れています。

上記設定が終わったら、
"Edit hardware"のチェックを外し、

Configuration6

使用したい受信機のPort(例では、IC-PCR1500が接続されているCOM7)にチェックを入れて、
"Next>>"ボタンを押します。

Configuration7

この画面は、お試しの時には必要ないので、"Next>>"ボタンを押します。

そして、

Configuration8

"Save configuration"を押して、

Configuration9

最後に"Finish"を押したら、"PCR AnyWhere"の"configuration"作業は終了です。

<手順4>
では、"PCR AnyWhere"を起動して、右上の電源ボタンを押してみましょう。

Pcr_anywhere1

このように、電源ボタンが緑色になって、
右上の画面に、目的の受信機(例のように、IC-PCR1500(COM7))が表示されていればOKです。

このソフト、いろいろなOSをサポートしており、またリモート機能も装備しているみたいなので、
興味がある方はチャレンジしてみては?φ(・ω・ )メモメモ
(ちなみに、Mac OS X版は、挙動が不安定なので個人的にはお勧めはしませんが。。。)~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

« 家入レオ 4th ワンマン Tour@福岡市民会館 〜盛り上がったぜ!〜 | トップページ | 我が村の風景 〜「紫陽花。」 Nikon Dfより〜 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580542/61707625

この記事へのトラックバック一覧です: PCR AnyWhere -win,Mac等でIC-PCR100からIC-R2500を操作可能-:

« 家入レオ 4th ワンマン Tour@福岡市民会館 〜盛り上がったぜ!〜 | トップページ | 我が村の風景 〜「紫陽花。」 Nikon Dfより〜 »