« シングルボードコンピュータの流れを変えるTinker Board S | トップページ | Raspberry Pi 3 MODEL Bに大きなヒートシンクを付けて見た。 »

2018年4月16日 (月)

VolumioをRaspberry Piにインストールしてオーディオサーバー化

皆さんご存知のお話ですから、
アメブロの方に書こうかな?
と思ったのですが。。。

できるだけアメブロの方には日常を書きたくて。

この話は、ちょっとマニアックなので
ココログに書こうと思います。

で、タイトルにもありますが、
ラズパイは、消費電力も小さいので
オーディオサーバーにするのもアリです。

これは、用途に応じてmicroSDを差し替えることで
簡単に用途(OS)を切り替えることができるという
ラズパイならではのメリットも影響しています。

具体的にお話しますと、
プログラミング時は、RaspbianのmicroSDを差し込んで、
オーディオサーバー時は、VolumioのmicroSDを差し込むということ。

Tinker Board Sでやろうとは思わないですよね。w

先に出て来ましたVolumioというのが
オーディオ再生に特化したOSです。

導入は、非常に簡単で
公式サイト(以下のURL参照)からイメージをダウンロードして
microSDに焼くだけ。

https://volumio.org

今日時点では、VERSION: 2.389が公開されています。

Volumioを焼いたmicroSDをラズパイに差し込んで、
かつ、LANケーブル&キーボードを差し込んで、
電源をONに。

最初は起動に少し時間がかかりますが、
"volumio login:"
と表示されたら
ユーザーID:volumio
パスワード:volumio
と入力します。

これで、サーバー側の設定は終わりです。
画面は、こんな感じ。

Img_0219

これからは、記憶が曖昧なのですが。。。

クライアントPCorタブレットのブラウザから
"http://xxx.xxx.xxx.xxx" (IPアドレス指定)
をURLに指定してサーバーの設定画面を表示します。

IPアドレスは、windows PCだとエクスプローラーの
"ネットワーク"で"Volumio"が表示されますので、
"プロパティ"を見ればわかります。

ちなみに、私の場合は、一旦サーバーの設定してサーバーを再起動しないと
"http://volumio.local"
ではアクセスできませんでした。

サーバーの設定で
・日本語
・出力デバイスは"HDMI Out"(最近のTVは音も良いのでこだわりがなければ、これでも十分)
・無線LAN
くらい指定して(後から設定変更できるので)、
ブラウザのシャットダウンメニューから再起動を選択し、
サーバーをリブートします。

起動後は、ログインして
LANケーブルとキーボードを外して完了。

私はもっぱら、

20180416_192905

インターネットラジオを楽しんでいます。

« シングルボードコンピュータの流れを変えるTinker Board S | トップページ | Raspberry Pi 3 MODEL Bに大きなヒートシンクを付けて見た。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580542/66618500

この記事へのトラックバック一覧です: VolumioをRaspberry Piにインストールしてオーディオサーバー化:

« シングルボードコンピュータの流れを変えるTinker Board S | トップページ | Raspberry Pi 3 MODEL Bに大きなヒートシンクを付けて見た。 »