« OSMCをRaspberry Piにインストールしてマルチメディアサーバー化 | トップページ | ODROID-C2 ubuntu MATE の日本語化 »

2018年5月 3日 (木)

ODROID-C2の購入方法について

最初、韓国Hardkernel社のシングルボードコンピュータである、
ODROID-C2を買おうと思ってAmazonのサイトをみたら。。。

何ですか?
この価格設定は?

ということで、
直接、個人輸入することに。

で、本日、

Img_0268

無事に商品が届きました。

皆さんの中にも、
ODROIDは欲しいけど、
個人輸入は敷居が高いなぁ。(怖いななぁ。)
と思っておられる方もいらっしゃるかもしれないので、
私が実際に行った購入手順を参考までに記述しておこうと思います。
※注意:この例は、2018/5/3時点のものです。
※各画像はクリックすると拡大されます。

まず、PayPalに登録します。(このほうが支払いが楽なので。)
で、ここで一つ注意することがあります。

PayPalの設定で住所を登録する場合は、
以下のように、一旦、「言語」を"English"にして、
再ログイン後、住所をローマ字で設定してください。

20180503_032312

住所登録の画面を見ていただければ分かると思いますが、
「都道府県」がプルダウンとなっております。
どうも、「言語」日本語で住所を登録すると
「都道府県」以外を全て英語にしても、
国籍と県名が支払い先に日本語で伝えられるみたいです。
(私はこれで1回失敗しております。イタリアの販売店から住所が読めないと。)

Paypalの登録が完了したら、本番です。

韓国Hardkernel社のサイト

http://www.hardkernel.com/main/main.php

の"Store"をクリックします。

すると以下のような画面が出ますので、

20180503_025618

欲しい商品&個数を確認した上で、
"+"ボタンを押してください。

ちなみに私は、以下のものを購入しました。

・ODROID-C2
・ODROID-C2/C1+ Case Clear
・USB-DC Plug Cable 2.5mm(ACアダプタは国内調達しました。)
・16GB eMMC Module C2 Linux(せっかくなのでeMMCを。容量は予算に応じて)
・[Option] USB3.0 eMMC Module Writer

※eMMCの"select option"をクリックすると、
・無し
・USB3.0 eMMC Module Writer
・eMMC Module Reader Board for OS upgrade
が選べます。
そんなに高価なものじゃないので、microsdカードリーダーとの
相性が気になるという方は、USB3.0 eMMC Module Writerをオススメします。

カートに商品が追加終わったら、
"Store"の画面の上部に以下のように表示されます。

20180503_030547

商品、個数、金額を確認して"Checkout"ボタンをクリック。

以下に示す画面が現れたら、

20180503_033024

"Payment"で"PayPal"にチェックし、"Check out"ボタンをクリック。

住所は、以下のような感じで。
玄関先に届けてくれる運送会社の人(ほとんど日本人)が判断できるように、
全てローマ字で記入します。

20180503_215137

住所に誤りが無いか慎重にチェックして、"Continue to payment"をクリック。


あとは、画面に従ってアクションしてください。
(私は既に購入済みなので、この先を行えないのです。)

最後に、今回の明細を最後に載せておきますので、参考にしてください。

20180503_031419_2

« OSMCをRaspberry Piにインストールしてマルチメディアサーバー化 | トップページ | ODROID-C2 ubuntu MATE の日本語化 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580542/66677537

この記事へのトラックバック一覧です: ODROID-C2の購入方法について:

« OSMCをRaspberry Piにインストールしてマルチメディアサーバー化 | トップページ | ODROID-C2 ubuntu MATE の日本語化 »