« iPod ClassicのSDカード化に挑戦したがSDカードが認識されない | トップページ | まだ、TinkerOS_Debian V2.0.7でChromiumがクラッシュします。 »

2018年10月10日 (水)

iPod nano 第5世代 バッテリー交換に挑戦するも失敗!

私が所持しているiPod nano 第5世代ですが、
もう、バッテリーが寿命で、
充電してもフルにならないし、
再生時間も1、2分が限界。

Img_0605

そこで、バッテリーと半田吸い取り線を購入して

iPod nano 第5世代の
バッテリーの交換に挑戦したんですが。。。


。。
。。。

失敗しました。(´;ω;`)ウウ・・・


序盤は、米倉涼子さん並みに
「私、失敗しないので。」
と意気込んでいたのですが。。。

最初の難関は、ネジ山。
なんか、5本のネジのうち1本が、
最初から潰れている感じだったので、
金属のヘラで十字の切り込みを入れながら
なんとか通過。

そして最大の難関だったのは、
中身(基盤)をケースからスライドさせながら
外そうとした時、

ロックボタンのリボンケーブルが
経年劣化で、ポロリと破断。

そして、決定打は、
なかなか中身がスライドしないもんだから、
力が強かったんでしょうね、
液晶画面に変なテンションがかかったみたいで、
液晶画面を破壊。


もう、その先をやる元気も失せたので、

Img_0606

このまま、廃棄処分することとしました。

あーーーーーっ、
悲しい。

というよりもよ、
バッテリーの交換くらい簡単には行わせない
Appleのエコシステムってどうなんでしょうね!(怒

« iPod ClassicのSDカード化に挑戦したがSDカードが認識されない | トップページ | まだ、TinkerOS_Debian V2.0.7でChromiumがクラッシュします。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/580542/67260090

この記事へのトラックバック一覧です: iPod nano 第5世代 バッテリー交換に挑戦するも失敗!:

« iPod ClassicのSDカード化に挑戦したがSDカードが認識されない | トップページ | まだ、TinkerOS_Debian V2.0.7でChromiumがクラッシュします。 »