パソコン・インターネット

2018年6月 9日 (土)

EWIN miniを買ってみました。

私のラズパイちゃんの
操作環境を整備するために、

bluetooth対応のミニ・キーボードである

Img_0340

EWIN miniを買ってみました。

現在、Raspberry Piは、有線のキーボードを使っているのですが。。。
プログラミングではなく、

Kodi等のリモコン・イメージ等として使うのであれば、
これで十分。

Raspberry Piから離れて操作できるのが嬉しい。

また、このように

Img_0339

ちょーコンパクトなので、
タブレット等でも活用して行きたいと思っております。

2018年6月 7日 (木)

Kodiの日本語化とAndroidアプリからのリモートコントロールの設定

Img_0270

私のオドちゃん(ODROID-C2)の
純正Linux OSには、Kodiがプリインストールされておるのだが。。。

毎回、日本語化とAndroidアプリからのリモートコントロールの設定で、
メニューを行ったり来たりしているので、
ここに備忘録としてまとめておくことにします。

1)日本語化

Img_0316

メイン画面の左上にある歯車マークをクリック

Img_0318

"Interface settings"をクリックします。

Img_0319

"Skin"->"-Fonts"を「default」から「Arial based」に変更します。

Img_0321

Img_0322

"Regional"->"Language"を「English」から「Japanese」に変更します。

すると日本語表示に変わります。
※"Skin"->"-Fonts"の設定の前に"Regional"->"Language"をやっちゃうと文字化けするので注意!

2)Androidアプリからのリモートコントロール

Img_0323

"サービス設定"をクリック

Img_0324

"コントロール"->"HTTPを介したリモートコントロールを許可"をON(スイッチを右側に)

私のオドちゃんは、今の所インターネット・ラジオ・サーバーとして
頑張っております。

このブログを書いている間も陽気な音楽をかけてくれる
可愛いヤツです。(*^ー゚)bグッジョブ!!

2018年5月30日 (水)

Raspberry Pi 3 MODEL B+をPIMORONIから購入したよ。

皆さんの中にも、
Raspberry Pi 3 MODEL B+
をいち早く手に入れたいと思ってらっしゃる方は多いと。

で、Amazonのサイトを覗いてみると。。。

なんとも、強気な価格設定???

定価は¥5,000未満の筈なので、
私はPIMORONI(英国)から購入しました。

以下のURLをアクセスするとですね、

https://shop.pimoroni.com

20180530_003306

今日時点で、¥3,860だということが分かります。

国内の正規代理店の値段は、まだ未定ですが
送料を入れても。。。という気がします。

以下は、私が購入した時の支払い明細。

20180529_203948_2

送料込みで£32.17。
現時点でのレートで、¥4,656.19196です。

購入方法は、そんなに難しいことはないです。
(ググれば、細かく手順を紹介しているサイトもあります。)

PayPalの登録方法や
宛先の書き方は、
ODROID-C2の購入方法について
を参考にしてみてください。

Img_0310

皆さんに楽しいラズパイ・ライフを!!!(*^ー゚)bグッジョブ!!

2018年5月16日 (水)

私がオススメするシングルボード・コンピュータ3選。

Img_0287

まだまだ、その熱は冷めないシングルボード・コンピュータの世界。

有名なRaspberry Piをはじめ、
色々なモノがありますが、
どれを選んだら良いんだろう?
と考えていらっしゃる方も多いハズ。

今回は、私の独断と偏見でオススメする
シングルボード・コンピュータを3つ選んで見ました。

まず、私が考えるシングル・コンピュータにて
抑えておきたいポイントを。
1)価格が1万円以下
2)サイズは、カードサイズ
3)サポートの信頼性
4)オプションの豊富さ
5)情報の入手が簡単(豊富)

以上を踏まえた上でオススメするのは、

Img_0288

<Raspberry Pi 3 MODEL B>
あえて説明する必要はないかと。
低価格で、オプションや情報も豊富。
過去の歴史や、ファンの多さから、安心して購入できるモノです。

「とりあえず、シングルボード・コンピュータに触れてみたい!」
ということなら、このRaspberry Pi 3 MODEL Bから始めることを
オススメします。

出版物も多く、ノウハウもネットに多く掲載されております。

Img_0289

<ODROID-C2>
このシングルボード・コンピュータも、低価格でオススメです。
Raspberry Piほどではありませんが、オプションも豊富。
ただし、日本国内での販売がないのが難点。

Hardkernel社が長らく提供しておりますので、
サポート面も安心して良いと思います。
ノウハウ等は、英語がほとんどなので、その辺は苦労するかも?

Img_0290

<Tinker Board S>
このシングルボード・コンピュータは、少々お高いです。
ですが、GPIO等のハードウェアI/FをRaspberry Pi 3 MODEL Bと
同じとしているため、オプションの流用(活用)ができるとのこと。

ちなみに、私は、CPU性能を生かすのであるならば、
"Tinker Board"ではなく
オンボード16GB eMMC搭載の
"Tinker Board S"をオススメします。

ASUS社が提供しますので、当面はサポートも安心かと。

ただ。。。ノウハウは、前に述べた2つのコンピュータより
少ないのが難点。

個人的には、2台目としてオススメします。


なんとなく可愛いシングルボード・コンピュータ達。

シングルボード・コンピュータというと
電子工作というイメージが強いかと思いますが、
普通のネットサーフィンや文書作成もできます。(ググって見てね。)

ぜひ、シングルボード・コンピュータの世界へ。(* ̄0 ̄)ノ

2018年5月12日 (土)

Zorin OS 12.3 LiteといってもWin XPよりは重い?ITPROTECH HDD/SSDクローンスタンドIIを買う。

_20180427_133031_2

先日の記事にも書きましたが、
Zorin OS 12.3 Liteを
FMV-LIFEBOOK S8380(Intel Core2 Duo CPU 2.53GHz)で使用していると、
ブラウザを立ち上げただけでCPUファンが回り出すため、
Lite版といっても
「ベースのUbuntu自体がだいぶ重くなってきたのかな?」
と。

Windows XPでは、すぐにCPUファンが回り出すこともないので、
こうやって比較すると、改めてWindows XPは素晴らしいOSですなぁ。(*^ー゚)bグッジョブ!!

結局、このCPUファンが気になってしまいまして、

ITPROTECH HDD/SSDクローンスタンドII ALL BLACK

を購入しました。

Img_0281

そう、Windows XP延命のために
システムHDDをSSDへクローンすることに。
(Zorin OS 12.3 Liteを使うのはやめました。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン)

この製品、

コピー元ディスク容量 <= コピー先ディスク容量

という条件を満たすなら(PCレスで)コピー(クローン作成)できます。

また、XP時代のHDD容量は大きくないので、
SSDもリーズナブルなお値段で購入できますし、
クローン自体も短時間で済みます。

古いノートPCのバックアップや、
SSD換装とかを考えるのでありましたら
この商品をお勧めします。

この商品、クローンソフト1本分ほどのお値段なので、
わたし個人としては、クローンソフトを購入するよりは
PCライセンスによる縛りが無い分、
こちらの方が良いのでは?と考えております。
※コピー先ディスク容量を間違えてディスクの購入をしないという前提ですけどね。

Windows XPを使い続けるのは如何なものかとも思いますが。。。
その辺は自己責任でお願いしますね。m(_ _)m

2018年5月 9日 (水)

openSUSE Leap 42.3を試してみました。

いつもUbuntu系のLinuxディストリビューションを使っておりますが、

今回は、ちょっと変わった(?)Linuxディストリビューションである
openSUSE Leap 42.3を試してみました。

Screenshot_20180508_110321

軽量とはいえませんが、
Windows 7クラスが動作していたノートPCを
再利用するにはおすすめのLinuxディストリビューションです。

無線LANの設定は、YaSTではなく、
以下のようにタスクバーから入って、

Screenshot_20180508_101959

"Connection editor"パネルから追加します。

Screenshot_20180508_104635

市販のDVDを観るためには、

http://www.opensuse-community.org/

へ行ってマルチメディアのパッケージをインストールします。

私の場合はKDEだったので、以下に示すボタンをクリックして
インストールしました。

Screenshot_20180508_102646

欅坂46の最新CDを読み込んでみましたが、
以下のようにCD情報も正しく判別されております。

Screenshot_20180508_102119

パッケージのインストール方法がUbuntu系と異なるので
慣れが必要なことと、
情報がUbuntu程無くて苦労しますが、
勉強してみるのも楽しいものです。

2018年5月 4日 (金)

ODROID-C2 ubuntu MATE の日本語化

Img_0270

ODROID-C2のLinux OSである
ubuntu MATEの日本語化について
備忘録としてこの記事を書いておきます。

まず、OSを起動したら、タイムゾーンの設定を行います。
※日本語化はあとで。
※画面をクリックすると拡大されます。

Img_0271

Time zone:Asia/Tokyo

次にキーボードを設定します。

Img_0273

Layouts:Japanese Japanese(OADG 109A)

ここで、"Software Updateを実行します。

Img_0274

相当な時間がかかりますので、我慢。我慢!

リブート

ここからが本番。言語環境の設定を行います。

"Language Support"のを起動すると
足りない言語パックのインストールする旨の画面が出てきますので、
"Install"を実行してください。

普通は、ここで日本語がインストールされると思うのですが、
もし、日本語が"Language for menus and windows:"に表示されていなかったら、
画面の"Install/Remove Languages..."をクリックして
日本語をインストールしてください。

Img_0275

日本語をインストールすると"Language for menus and windows:"の
最後の行に表示されていますので、ドラッグして先頭行へ持って行ってください。

Keyboard input method system:fcitx

"Apply System-Wide"をクリック

今度は、"Regional Formats"タブをクリックし、

Img_0276

Display numbers, dates and currency amounts in the usual format for:日本語

"Apply System-Wide"をクリック
"Close"をクリック

Terminalを起動して

日本語入力 fcitx-anthy をインストールします。

$ sudo apt-get install fcitx-anthy

リブート

「Fcitxの設定」で

Img_0278

Img_0277

このようになっていればOK

Img_0279

日本語への変換は、"半角/全角"キーや"Ctrl + Space"で行えます。

ちょっと長文になったので、説明が不十分なところがあると思います。
他のサイト等をググって補完してください。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

2018年5月 3日 (木)

ODROID-C2の購入方法について

最初、韓国Hardkernel社のシングルボードコンピュータである、
ODROID-C2を買おうと思ってAmazonのサイトをみたら。。。

何ですか?
この価格設定は?

ということで、
直接、個人輸入することに。

で、本日、

Img_0268

無事に商品が届きました。

皆さんの中にも、
ODROIDは欲しいけど、
個人輸入は敷居が高いなぁ。(怖いななぁ。)
と思っておられる方もいらっしゃるかもしれないので、
私が実際に行った購入手順を参考までに記述しておこうと思います。
※注意:この例は、2018/5/3時点のものです。
※各画像はクリックすると拡大されます。

まず、PayPalに登録します。(このほうが支払いが楽なので。)
で、ここで一つ注意することがあります。

PayPalの設定で住所を登録する場合は、
以下のように、一旦、「言語」を"English"にして、
再ログイン後、住所をローマ字で設定してください。

20180503_032312

住所登録の画面を見ていただければ分かると思いますが、
「都道府県」がプルダウンとなっております。
どうも、「言語」日本語で住所を登録すると
「都道府県」以外を全て英語にしても、
国籍と県名が支払い先に日本語で伝えられるみたいです。
(私はこれで1回失敗しております。イタリアの販売店から住所が読めないと。)

Paypalの登録が完了したら、本番です。

韓国Hardkernel社のサイト

http://www.hardkernel.com/main/main.php

の"Store"をクリックします。

すると以下のような画面が出ますので、

20180503_025618

欲しい商品&個数を確認した上で、
"+"ボタンを押してください。

ちなみに私は、以下のものを購入しました。

・ODROID-C2
・ODROID-C2/C1+ Case Clear
・USB-DC Plug Cable 2.5mm(ACアダプタは国内調達しました。)
・16GB eMMC Module C2 Linux(せっかくなのでeMMCを。容量は予算に応じて)
・[Option] USB3.0 eMMC Module Writer

※eMMCの"select option"をクリックすると、
・無し
・USB3.0 eMMC Module Writer
・eMMC Module Reader Board for OS upgrade
が選べます。
そんなに高価なものじゃないので、microsdカードリーダーとの
相性が気になるという方は、USB3.0 eMMC Module Writerをオススメします。

カートに商品が追加終わったら、
"Store"の画面の上部に以下のように表示されます。

20180503_030547

商品、個数、金額を確認して"Checkout"ボタンをクリック。

以下に示す画面が現れたら、

20180503_033024

"Payment"で"PayPal"にチェックし、"Check out"ボタンをクリック。

住所は、以下のような感じで。
玄関先に届けてくれる運送会社の人(ほとんど日本人)が判断できるように、
全てローマ字で記入します。

20180503_215137

住所に誤りが無いか慎重にチェックして、"Continue to payment"をクリック。


あとは、画面に従ってアクションしてください。
(私は既に購入済みなので、この先を行えないのです。)

最後に、今回の明細を最後に載せておきますので、参考にしてください。

20180503_031419_2

2018年4月30日 (月)

OSMCをRaspberry Piにインストールしてマルチメディアサーバー化

今度は、私のラズパイちゃんにOSMCをインストールして
マルチメディアサーバー化に挑戦してみました。

OSMCは、以下のURLから"Download"->"Disk images"をクリック。

20180430_154917

すると以下のサイトが表示されますので、
該当するディスクイメージをmicroSDに焼いてください。

20180430_155110

私は、"Raspberry Pi 2/3/3+"のカテゴリーから
最新のリリース版をダウンロードし、
それを解凍後、Etcherを使って焼きました。

そのmicroSDをRaspberry Piにセットして起動し、
(最初のブートは少し時間がかかりますので辛抱を。)
初期設定をします。

初期設定方法と日本語化の方法は他のサイトを参考に
してください。(ググればすぐに出てきます。)

Img_0260

"スキン"->"-Fonts"が"Arial"

Img_0261

"地域"->"タイムゾーン"が"Japan"

になっていればOKだと思います。

リモコンは、TVのリモコン(私の家のはREGZA CT-90426)でも操作可能ですが、
文字入力ができないので、アプリを使用しました。

私が使用したのは、

Screenshot_20180430155502

"Yatse: Kodiリモコン"(Androidアプリ)を使用しました。

YouTubeやインターネットラジオなど楽しむためには

Img_0262

"アドオンブラウザー"からアドオンをインストールします。

Youtubeは、

Img_0264

"YouTube"を。

インターネットラジオは、

Img_0263

"Tunir"をインストールしてみました。


"YouTube"の選択画面はこんな感じ。(選択後、フルスクリーンになります。)

Img_0265

"Tunir"の選択画面はこんな感じ。

Img_0266_2

特にこのチャンネルは、オススメです。

心地よいアメリカのポップ・ミュージックが、
この日差しと風によく合います。( ^ω^)おっおっおっ

<<補足>>
"YouTube"アドオンのサインインが、ややこしいので具体的に書くと
1)アドオンのSign inメニューに入ると、メッセージの最後に認証コード(????-????)が表示されます。
2)PC等でyoutube.com/activateへアクセスして、テレビに表示されている認証コードを入力します。
3)しばらくすると、モニターに表示されている認証コードが変化します。
4)変化後の認証コードを更にyoutube.com/activateへアクセスして入力します。
5)以下のように設定されていればOK

20180430_175119

6)アドオンが再起動しますので、しばらく待ちます。

以上

2018年4月27日 (金)

Zorin OS 12.3 Liteを試してみました。 -Windows XPクラスでもイケる-

そろそろ。。。

手持ちのWindows XPのマシン(FMV-LIFEBOOK S8380)を
どうしようか?
と考えておりまして。

でも、まだまだWindows XPの環境は壊したくないので、
お試しに内蔵HDDを交換して、
そいつにZorin OS 12.3 Lite(32bit)をインストールしてみました。

_20180427_131201

CPUは、Intel Core2 Duo CPU 2.53GHz
メモリは、2GB
です。

インストールした感じでは、

_20180427_131434

CD or DVD再生(Paroleメディアプレーヤー)にてスムーズに再生されることを確認。
ちなみに、Zorin OS 9.0 Liteの時は、DVDの再生(VLCメディアプレーヤー)で
カクついて使い物にならなかったので、
だいぶ安定してきたんだと思います。

難点があるとすれば、
CD再生レベルだと気にならないのですが。。。
動画再生となるとファンが回り始めて、
その音が気になりますね。(動画の音量を上げれば気にならないかな。www)

このブログも、Zorin OS 12.3 Lite(FMV-LIFEBOOK S8380)で書いておりますが、
ココログ書くぶんには問題は無いです。
常にファンは回っておりますが。。。

_20180427_133031_2

Windows XPマシンを葬るくらいなら、Zorin OS 12.3 Liteはオススメです。

もうすこし、上のCPUクラスだと、ファンの問題も少ないとおもいますので、
試してみる価値はあると思います。

より以前の記事一覧