2020年7月 3日 (金)

SONY MDR-1A のイヤーパッドを交換してみた。 ーGeekria Earpad for MDR-1A,1A-DAC Headphone Ear Padを購入してみたー

Img_2892

最近はもっぱら、Volumio + Raspberry Pi で音楽を楽しんでいる私。

 

その際、私が愛用しているヘッドフォンはSONY MDR-1Aなのですが、以下の画像のように経年劣化(購入後5年経過)にてイヤーパッドの内側がボロボロになってきていたので、今日はこのヘッドフォンのイヤーパッドの交換にチャレンジしてみました。

Img_2893

 

今回、購入したイヤーパッドは、「Geekria イヤーパッド Sony MDR-1A,1A-DAC 等対応 交換 用 ヘッドホンパッド イヤークッション(ブラック)」 。(なんか、商品名が微妙な感じがするけどね。)

20200703-170539

この商品にした理由は、「MDR-1A イヤーパッド」で検索すると、この商品が多くヒットすることや、イヤーパッドの交換手順の動画にもこの商品が多く紹介されていたから。

この商品、Amazonで¥1,761(2020/07/03時点)でした。



交換は、それほど難しくなかったです。誰でもできると思います。(所要時間は10分程度でした。)

 

最初は、サイドのラッチを目掛けて付属のプラスチック製のヘラをブッ刺すイメージで。

すると以下の画像のように、イヤーパッドが本体から外れます。

Img_2894

 

Amazonの商品のサイトには、左右両方を分解する説明が記載されておりますが、私は、左右どちらか一方づつ作業した方がミスは少ないと考えます。(私は左から)

ちなみに、イヤーパッドの皮の内側が赤い方が、右(R)用です。←ここ注意。

 

次に、外したイヤーパッド内にあるプラスチックのリングを取り出し、それを交換用の新しいイヤーパッドに収めます。

Img_2895

 

この時、イヤーパッドにプラスチックのリングを収めるのに苦労するかもしれません。コツとしては、皮の部分を引っ張るイメージで。かつ、メッシュ部分は決して触らないように。

 

最後は、交換用の新しいイヤーパッドを本体に嵌め込みます。これで、片方の交換は終了。

 

これと同じことを、もう片方でも行います。(以下の画像は右側)

Img_2896

 

純正品と比べると以下のような感じになります。上側が純正品で下側が今回購入した商品です。

一見した程度では違いは分かりません。

Img_2897

 

今回は、Amazonのレビュー等で見かけた「イヤーパッドの穴が合わない。」ということはありませんでした。

また、分解や組み立てもスムーズに(なんの苦労もなく)行えました。(この商品を紹介する動画の中には、「数十分かかった。」という話もありましたが、私の場合そんなことはなく。たまたまなんですかねぇ?)

 

Img_2898

生まれ変わった(言い過ぎ?)、私のMDR-1A。

 

今夜もVolumio + Raspberry Piで阿部真央を。あべま最高!!!

 

2020年6月21日 (日)

CASIO CA-53W-1 の時刻合わせ方法

Img_2861

私が愛するCASIO CA-53W-1。

 

最近、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」がTVで再放送されたことで、この時計が話題になっているらしいね。

 

でね、

この時計の時刻合わせの方法について、私はいつもボタン操作を忘れてしまうので、備忘録としてここに書いておこうと思います。

まず、ボタンの名称を以下の画像のように「A」と「B」と呼ぶことにします。

Img_2860-2

 

最初にボタン「A」を押します。

ボタン「A」を押すと以下の画像のように秒(2桁)が点滅します。

Img_2862

 

現在時刻が00秒ジャストになったタイミングでテンキーの「0」を押します。

 

次に、ボタン「B」を押すと、ボタン「B」を押す度に

 

時(2桁目)→ 時(1桁目)→ 分(2桁目)→ 分(1桁目)→ 年(2桁目)→ 年(1桁目)→ 月(2桁目)→ 月(1桁目)→ 日(2桁目)→ 日(1桁目)→ 秒

 

と点滅箇所が変化(巡回)します。(ちなみに年は、西暦の下2桁)

ボタン「B」を押して、変更したい箇所を点滅させておき、テンキーにより値を入力します。

Img_2863

 

最後にボタン「A」を押して手順は完了です。

 

 

2020年6月15日 (月)

Volumioサーバー(Raspberry Pi)のIPアドレスをクライアント側から求める方法 〜同一LANにあるIPアドレスを求める方法〜

Img_2772

最近、お気に入りの私のVolumioサーバー。

ハイレゾ(flac音源)もAppleのミュージック(AirPlay)も、このRaspberry Piで楽しんじゃってます。

 

でね、私、

Raspberry Piにモニターやキーボード、マウスを接続しない状態でVolumioサーバーを組み立てたものだから、VolumioサーバーのIPアドレスが分からなくなっちゃったんです。(サーバー側からip aコマンドが打てないから)

そこで、自戒の念を込めて、クライアント側からVolumioサーバー側のIPアドレスを求める方法をこの記事にまとめておきます。

 

<macOSの場合>

クライアント側がmacOSの場合は、AirMacユーティリティが使用できる環境ならAirMacユーティリティを使うのが確実です。

AirMacユーティリティを起動し、Wi-Fiルーターの情報に表示されているワイヤレスクライアント「volumio(ホスト名)」をクリックすると以下の画像のようにIPアドレスが表示されます。

20200615-130410

 

<Windows OSの場合>

クライアント側がWindows OSの場合は、エクスプローラを起動し、「ネットワーク」→「メディア機器」→「Volumio(ホスト名)」を右クリックし、「プロパティ」をクリックすると以下の画像のようにIPアドレスが表示されます。

Volumio-20200615-140156

 

または、Windows PowerShellにて

ping volumio

(ping ホスト名)

と実行すると以下の画像のようにIPアドレスが表示されます。

Volumio_ping

 

 

両OSとも、

arp -a

コマンドが使用できるため、このIPアドレス一覧でおおよその当たりをつけることもできます。

Volumio-20200615-154636_20200615163601

 

Raspberry Piの場合、物理アドレス(MACアドレス)は "b8:27:" から始まるらしい。

 

参考までに。

 

では、良いラズパイライフを。

 

 

補足:

VolumioサーバーのIPアドレスをサーバー側から求める方法と、Volumioのアップデートの方法については、以下の記事を参照ください。

Volumioのサーバー側のRaspberry PiのIPアドレスを求める方法とVolumioのアップデート方法

 

 

2020年6月11日 (木)

Raspberry Pi 3 と IQaudIO Pi-DAC+ とVolumio で高音質なオーディオサーバーを構築

Img_2771

Raspberry Piの用途として、I2S DACを接続しVolumio(音楽再生の専用OS)を使うと、高音質なオーディオサーバーを構築できるとの噂は聞いていたのですが、遅ればせながら、本日どんな感じか試してみました。

 

本体には、Raspberry Pi 3 MODEL Bをチョイス。

そして、今回購入したI2S DACは、IQaudIO Pi-DAC+。

Volumioは、以下のサイトから最新バージョン(v.2.779)をダウンロードして使用しました。

https://volumio.org

 

Raspberry Pi 3 MODEL B と Pi-DAC+ の接続は、Raspberry Pi 3 MODEL Bの GPIOピンに Pi-DAC+ のソケット(GPIO)を差し込むだけ。半田付けは不要です。

VolumioをmicroSDカードに焼いてRaspberry Pi 3 MODEL B を起動(電源ON)すると、以下の画像のように自動的に Pi-DAC+ が認識されます。(これは嬉しい!)

ですから、Volumioの初期設定はほぼ不要ですが、音楽再生の前に音量の設定は低く(小さく)しておいてください。(音量が50%のレベルでも大音量となるため、耳を痛める可能性があります。)

Screenshot_20200611_164809_comandroidchr

 

音楽ファイル(データ)は、moraから購入したflacファイルを外付けSSDにコピーし、Raspberry Pi 3 の USB端子に接続。

 

そして、ハイレゾ対応のヘッドフォン(SONY MDR-1A)で、阿部真央の曲を試聴。

Screenshot_20200611_164840_comandroidchr

 

とてもクリアな音で、ギターの弦の振動が肌に伝わってくるような、そんな錯覚に陥ります。

また、阿部真央さんの歌声と楽曲が素敵すぎて、思わず涙が出そうに。

 

Raspberry Pi 3 は消費電力も少ないことから、Volumioを使ってオーディオサーバを構築するのはいかが?

 

ラズパイライフが楽しくなりますよ。

 

 

2020年6月 1日 (月)

意外な落とし穴? 昔、iTunesで購入したミュージックビデオが再生できないという話。

20200531-155724

昔、iTunesで購入した筈のミュージックビデオが再生できないこともあるという話。

 

iTunesにてミュージックビデオが購入できることは、皆さんご存知だと思いますが、ミュージックビデオのアイコンが以下の画像のようになっていて、

20191213-152704

 

この状態のアイコンをクリックしても、以下の画像のように「このアイテムは現在一時的にご利用になれません。」というメッセージが出て、ミュージックビデオが再生できない。(ダウンロードもできない。)

20191213-153325

 

ちなみにiPhone(iOS)の場合は、以下の画像のように「このアイテムは利用できなくなりました。」というメッセージが表示されます。

Img_2647

 

購入履歴(メニュー「アカウント」→「マイアカウントを表示...」→「購入履歴」→「すべてを見る」)を見ると、以下のように確かにこのアイテムを購入しているのだが。なぜ?

20200531-170622

 

そこで、Appleのサポートに聞いたところ、

「このコンテンツは、現在、使用できなくなりました。ダウンロードもできませんし、返金にも応じられません。」

と。さすがAppleらしい回答。

 

明確な回答はいただけませんでしたが、権利関係とかあるんじゃないかと?

 

で、身を守る方法としては、購入したミュージックビデオは、必ずiCloud Drive等にバックアップしておいた方が良さそうです。

 

まぁ、それにしても、コンテンツが使用できなくなる直前にアラートを上げるくらいのことはして欲しいと。ねぇ。

2020年5月31日 (日)

Linux Mint 19.3 の Rhythmbox にプリセットされているラジオ局一覧が消えた?! ー rhythmdb.xml が消えた?ー

Screenshot-from-20200531-084426

昨日、Linux Mint 19.3に標準でインストールされているRhythmboxを使用していたら、突然、プリセットされているラジオ局一覧が消えてしまいました。

確かに、直前までRhythmboxでラジオを聴いていて、その後、何かを行った気はするのですが。。。でも、ファイルの削除とかやっていないし。

なので、謎?

 

そこで、この原因を調べてみると。。。

何と、~/.local/share/rhythmbox/ にあるはずの rhythmdb.xml が無くなっていることが判明。

(フルパス:~/.local/share/rhythmbox/rhythmdb.xml )

 

解決方法として、 rhythmdb.xml を作り直そうと(ググって)いくつかの方法を試みたのですが、どれもうまくいかない。

 

最後はダメもとで、たまたま私が使用しているZORIN OSのRhythmboxとLinux MintのRhythmboxのバージョンが一致していたこともあり、ZORIN OS側からLinix Mint側へ rhythmdb.xml をコピーしてみました。

(私のPCは、Linux MintとZORIN OSのマルチブート環境でしたので。)

 

すると、プリセットされているラジオ局一覧が復活。

当然、矛盾するデータ(音楽ファイルが見つからない曲 )が発生しますが、これらの一覧は「ファイルがありません」に表示されるので、その一覧を手動で削除しました。

 

これが正しい方法か否かはわかりませんが、参考になれば。



2020年5月28日 (木)

Linux Mint 19.3 に Minitube 3.2 をインストールする方法 ーError transferring メッセージへの対処方法ー

Screenshot-from-20200528-174229

Linux Mint 19.3にてYouTubeアプリであるMinitubeを「ソフトウェアの管理」からインストールして起動すると

 

Error transferring https://www.googleapis.com/youtube/v3/search?key=...

 

のメッセージが出力されて動作しない(動画が観れない)ですよね?

そこで、ちょっと調べてみました。

 

まず、Minitubeの公式サイトを見ると、どうもUbuntu 18.0以降は、自分でビルドする必要があるみたい。

https://flavio.tordini.org/minitube

 

sudo add-apt-repository ppa:mc3man/bionic-media

sudo apt update

 

ここで、依存関係のエラーが表示されたら

sudo apt-get -f install

sudo apt update

 

sudo apt upgrade

 

念のため、以下の3コマンドを実行。

sudo apt autoremove

sudo apt remove minitube

reboot

 

以下のURLのREADME.mdを一読下さい。

https://github.com/flaviotordini/minitube

 

git clone --recursive https://github.com/flaviotordini/minitube.git

 

sudo apt install build-essential qt5-default qttools5-dev-tools qt5-qmake qtdeclarative5-dev libqt5sql5-sqlite libqt5x11extras5-dev libmpv-dev

 

qmake "DEFINES += APP_GOOGLE_API_KEY=個人のYoutube_API_KEY" minitube

 

個人のYoutube_API_KEYについては、以下の記事を参照ください。

Kodi(OSMC,LibreELEC) YouTubeアドオンが動作しない問題 ーPersonal Youtube API Keyの設定方法ー

 

make

 

build/target/minitube

 

Minitubeが正常に動作することを確認したら

 

sudo make install

 

以上。

2020年5月27日 (水)

24万アクセス達成しました。皆さん、ありがとうございます。

おかげさまで、このブログが昨日、24万アクセスを達成しました。

 

ありがとうございます。感謝です。

 

あっ、でもね、今年のGWを挟んで約1ヶ月程度、@nifty側の問題で自分のアクセスを除外できなかったから(IP除外フィルターが機能していなかったから)、ちょっと誤差があります。

 

では、ここ30日間のアクセス解析を見てみましょう。

20200527-60356

1日のアクティブユーザー数は、113ユーザー。

最近は、100を下回ることがないです。

 

20200527-60716

よく読まれている記事のTOP3は、以下の通り。

3位:Linux Mint 19にWineをインストールしてみた。

2位:@niftyメール(IMAP)の設定方法 iOS 13.x,macOS Catalina編

1位:Raspberry Pi 4にUbuntu MATEをインストールしてみた。HDMIから音が出ない?問題も解決。

 

Raspberry Pi 4にUbuntu MATEをインストールしてみた。HDMIから音が出ない?問題も解決。 の記事は、ぶっちぎりの1位ですね。

私は、DietPiの布教活動をしているのですが。。。なかなか広がっていかないみたいです。一方、Wineの布教活動には成功しているかな?

 

20200527-61046

アクセスされる地域(日本国内)は、人口密度に応じて満遍なくって感じです。

 

最後に、過去、3ヶ月間の検索キーワードを見ると。

20200527-61202

3位:dietpi

2位:ubuntu mate raspberry pi 4 

1位:linux mint wine

 

もう、このブログは、LinuxやRaspberry Pi関連の情報発信の場という認識かな?

(そういう理由もあり、ブログヘッダとかプロフィールの文章を、最近更新しました。)

 

最後に、いつもこのブログを読んでいただいてる皆さん、たまたまこのブログを見つけたという皆さん、コメントを下さった皆さん。本当にありがとうございます。m(_ _)m

コロナ禍に負けず頑張りましょう!!

2020年5月20日 (水)

DRM放送のデコードソフトDREAMで必要なfaad2_drm.dllのビルド方法(2020版)

20200520-125738

受信機Perseus等でDRM放送を受信する場合、DRM信号をデコードするソフトウェアであるDREAMを使用すると思いますが、DREAMのあるバージョン以降、コンプライアンス(ライセンス&知的財産権)の関係上、DREAMにfaad2_drm.dllは同梱されなくなりました。

※faad2_drm.dllのバイナリを公開していたサイトが次々に閉鎖したのは、特許権の侵害に該当していたからです。

 

そこで、本日(2020/5/20)、久しぶりにfaad2_drm.dllをビルドしてみましたので、その手順を紹介しますね。

 

まず、以下のURLを参照ください。

https://drm.sourceforge.io/wiki/index.php/Main_Page

 

このサイトの"Installation"の章に、AACデコーダーをビルド&組み込む必要性が記載されております。

そこで、この章に記載されている"Instructions for building the AAC decoder"の部分をクリックします。

 

このサイトに記載されているように"Audiocoding.com"からFAAD2ソースをダウンロードします。

(2020/5/20時点の最新ソースは、バージョン2.7("faad2-2.7.zip") です。)

 

今回は、Windows(Microsoft Visual Studio 2010)にてビルドしますので、"Windows"の章に記載されている"project files"の部分をクリックしてプロジェクトファイル("faad2_project_files.zip")もダウンロードして展開します。

 

プロジェクトファイル("faad2_project_files.zip")を展開して出来た全てのファイルを選択し、

(例は、C:\Users\bigmo\Downloads\faad2_project_files)

20200520-9

 

FAAD2ソース("faad2-2.7.zip")を展開して出来たホルダー"libfaad"配下にコピーします。

(例は、C:\Users\bigmo\Downloads\faad2-2.7\libfaad) 

20200520-10

 

Microsoftのダウンロードサイトにて"[Trial] Visual Studio 2010 Professional"をダウンロードしてインストールします。
(例では、"Japanese"と"EXE"を選択してダウンロード)

20200520-17

 

Visual Studio 2010 Professionalを起動します。

 

途中、「既定の環境設定の選択」画面が表示されたら、「Visual C++ 開発設定」をクリックしてVisual Studioを起動してください。

(以下の画像では、「Visual C# 開発設定」が反転していますが「Visual C++ 開発設定」を選択してください。私は、一度間違ってしまったので、「設定のインポートとエクスポート」にて「Visual C++ 開発設定」に修正しました。)

20200520-8

 

「プロジェクトを開く...」をクリックして、

20200520-20

 

FAAD2ソース("faad2-2.7.zip")を展開して出来たホルダー"libfaad"配下にコピーした"libfaad2_drm-2010.sln"を指定します。

(例は、C:\Users\bigmo\Downloads\faad2-2.7\libfaad\libfaad2_drm-2010.sln)

20200520-12

 

「Release DLL DRM」を指定して、

20200520-163605

 

メニュー「ビルド」→「libfaad のビルド(U)」をクリックします。するとビルドが始まります。

20200520-154503

 

ビルドが終わると、今回の例では、C:\Users\bigmo\Downloads\faad2-2.7\libfaad\にホルダー"Release"が作成され、その配下にファイル"faad2_drm.dll"が作成されます。
20200520-13

 

以上で、faad2_drm.dllのビルドの手順は終わりです。

ちなみに、DREAMへの組み込みについては、このファイル(faad2_drm.dll)をDREAMの実行ファイル(.exe)が存在する同じホルダーにコピーすればOK。

 

では、良いBCLライフを。

 

2020年5月18日 (月)

たまにはラジオを聴こうよ。 ー大好きなDE1103DRM。このラジオでDRM放送を受信することが出来るんです。ー

Img_2631

昔、アイキャスエンタープライズさんから販売されていたラジオ「DE1103DRM」に、久しぶりに火を入れDRM放送の受信を行ってみました。

 

このDE1103DRMには、DRMコンバータを内蔵していますので、このラジオとPCだけでDRM放送を受信することが出来るという、発売当時は画期的なラジオだったんです。(当時、DRMコンバーターは自作する必要がありました。)

接続は、DE1103DRMのLINE-OUT端子とPCのMIC-IN端子 or LINE-IN端子を付属のオーディオケーブルで繋ぎます。

 

PC側には、DRM放送のデコードソフトであるDREAMをインストールしておきます。

DREAMは、以下のURLから入手できます。(今回は、dream-2.1.1-win32-svn808-df.zip を使用しました。)

 

https://sourceforge.net/projects/drm/files/dream/2.1.1/

 

※ちなみに、v2.2版は実行時にエラーとなり、使用できませんでした。

※DRM放送の受信には、DREAMにfaad2_drm.dllの追加が必要です。しかし、DREAMには、コンプライアンス(ライセンス&知的財産権)の関係上faad2_drm.dllは同梱されておりません。faad2_drm.dllのビルド方法については、以下の記事を参考にしてください。

DRM放送のデコードソフトDREAMで必要なfaad2_drm.dllのビルド方法(2020版)

 

私の記憶では、DE1103DRMのLINE-OUT端子とPCのMIC-IN端子 or LINE-IN端子を付属のオーディオケーブルで繋ぐと、ラジオの音がミュートになったような記憶があったんですが。。。今、確認すると違ったみたい。

DE1103DRMのボリュームを"00"に下げておきます。

 

DE1103DRMのフィルターをWIDEに設定し、まずはAM放送の周波数を受信します。

 

DREAMを起動し、サウンドカード(メニュー「Settings」→「Sound Card」) の設定をします。

  • メニュー「Settings」→「Sound Card」 →「Signal Input」→「Device」:MIC or LINE
  • メニュー「Settings」→「Sound Card」 →「Audio Output」→「Device」:スピーカー

このサウンドカードの設定が正しければ、メニュー「Settings」→「AM(Analog)」するとAM放送が聞こえる筈です。

20200519

DRM放送の場合、メニュー「Settings」→「DRM (digital)」を選択します。

そして、メニュー「View」→「Evaluation Dialog をクリックして、画面の中央付近にある「Misc Settings」の"Flip Input Spectrum"にチェックを入れます。(局発が438KHzの為)

※DE1103DRMの後継機であるDE1103IFでは、このチェックは不要です。

20200519-2

DRM受信が厳しい時間帯もありますが、日中の中国之声」は明瞭に受信できます。私のロケーションではね。

 

もちろん、このラジオはDRM放送の受信に特化したラジオというわけではありません。

ベースはあの有名なラジオDEGENのDE1103ですので、MW,SW,FM受信もバッチリです。

 

懐かしいラジオの紹介でした。

たまにはラジオを聴こうよ。

«また、フィルムカメラが流行っているみたいですね。 ー私の1眼レフ機 Nikon FM2,FE2,F3,F4s,S3とOLYMPUS O・productー

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク