2019年11月12日 (火)

ココログのHTTPS化とGoogleアナリティクスとGoogle SerchConsoleの変更箇所

2019/11/11からココログがHTTPS化に対応できるようになりましたので、この記事で、ココログのHTTPS化の手順をまとめておこうと思います。

※画像をクリックすると拡大表示されます。見えづらくてごめんなさい。

 

1)ココログの設定

  1. ココログの管理画面にログイン
  2. 右上にある「コントロールパネル」をクリック
  3. 「HTTPS配信設定」クリック
  4. 「HTTPS配信」で「配信する」をクリックして「保存」をクリック

20191112-110037

※「ブログ」→「設定」→「外部連携」の情報を変更する必要はありません。

 

2)Googleアナリティクスの変更

  • 「プロパティ」→「プロパティ設定」→「デフォルトのURL」で「https://」をプルダウンから選択し、「保存」をクリック

20191112-110631

  • 「ビュー」→「ビューの設定」→「ウェブサイトのURL」で「https://」をプルダウンから選択し、「保存」をクリック

20191112-115039

3)Google SerchConsoleの追加

  • HTTPからHTTPSへの変更の場合、「プロパティを追加」します。(HTTPSのURLを追加します。)

20191112-110354

  • 「プロパティを追加」が成功すると以下の画像のようになるはずです。

20191112-110455

※昔に作成していたHTTPのプロパティは、削除する必要はないです。

 

4)GoogleアナリティクスのプロパティとGoogle SearchConsoleのアカウントをリンク

  • 「プロパティ」→「プロパティ設定」→「Search Console」の「Search Consoleを調整」をクリック

20191112-112951

  • Search Consoleの設定」→「Search Consoleのサイト」に表示されているHTTPのサイトを削除

20191112-122613

20191112-122736

  • 再度、「プロパティ」→「プロパティ設定」→「Search Console」の「Search Consoleを調整」をクリックし、Search Consoleの設定」→「Search Consoleのサイト」の「追加」をクリック

20191112-123202

  • 「GoogleアナリティクスでSerch Consoleのデータを使用する」→「リンクされているサイト」でHTTPSのURLにチェックを入れ「保存」をクリック

20191112-123323

  • Googleアナリティクスにログイン(または再読み込み)し、「プロパティ」→「プロパティ設定」→「Search Console」の「Search Consoleを調整」をクリック。以下の画像のように表示されればOK

20191112-123710

 

こいう事って、ココログのサポートのサイトに書いてて欲しいよね。(具体的な例を挙げて)

「HTTP化しました!」って声高々に叫ばれても、利用者(管理者)は困っちゃうと思うんだけど。。。ねぇ。

2019年11月 2日 (土)

ありがとうございます。21万アクセスを達成しました。これからもよろしくです。

本日、このブログが21万アクセスを達成しました。

 

ありがとうございます。感謝、感激、雨、霰。

お役に立てなくても、楽しんでいただけてますでしょうか?

 

10月のアクセス解析ですが、

20191102-103607

毎日のユーザー数は、平均すると60ユーザーくらいですかね。

20191102-104018

よく読まれている記事は、Linux MintでのWineのインストールに関する記事。

あと、iPod ClassicのSDカード化の記事もよく読まれているようです。

トップの記事は、この半年間、ずーっと1位をキープし続けておりますね。なんか凄いと思うと同時に不思議な感じですね。

20191102-104939

検索キーワードは、「wine 文字化け」、「dietpi」、「linux mint wine」。

私が遭遇した場面(問題)と同じような境遇になった方、意外に多いみたい。

私の経験談。お役に立てましたか?

20191102-103351

地域(日本国内)は、人口密度とリンクしているかな? 当然か。

 

これからも、皆さんにお役に立ちそうな私の体験談を中心に(たまには、変な記事を書くかもしれませんが。)、記事を書いていこうと思っておりますので、よろしくお願いします。

 

いつもこのブログを読んでいただいてる皆さん、たまたまこのブログを見つけたという皆さん、コメントを下さった皆さん。全ての皆様にありがとう!

 

PS.

今日は、ラグビーワールドカップの決勝があるので、早めに更新しました。

2019年10月29日 (火)

MacBook Pro(Retina, Mid 2012) ディスプレイのコーティング剥がれをリステリンで綺麗に

O4032302414390932386

私が持っているMacBook Pro(Retina, Mid 2012)ですが、このように(あの有名な問題である)ディスプレイのコーティングの剥がれが広がって、なんか精神的に気になってしょうがない状態に。(涙

ちなみに、OSやアプリ等の動作自体には問題がないです。

 

一応、ダメ元でAppleに相談したんだけど。。。

既にビンテージ製品/オブソリート製品なので対応不可とのこと。(予想通りの回答)

 

まぁ、そんな事もあったので、消費税増税前にMacBook Airを新調して、このMacBook Proは押し入れの中に丁重に保管していたのですが。。。

 

今日、ふとwebを観ていたら、

「リステリンを使うと、本問題となっているディスプレイのコーティングを全て剥がすことができる。」

と嘘のような情報が?!

 

で、早速チャレンジしてみました。

 

近所のスーパーで売っていたリステリンに選択肢がなかったので少し不安でしたが(私が購入したものは、以下の画像にある商品)。。。

  1. 布にリステリンをタップり含ませて優しくディスプレイを拭き上げる。
  2. コーテイングが残っている(ムラが出来ている)部分を、布にリステリンを少量含ませてディスプレイを拭き上げる。
  3. 水を含ませ、固く絞った布でディスプレイを拭き上げる。
  4. カメラのメンテナンスで使う柔らかいクロスでディスプレイを拭き上げる。

 

すると、以下の画像のように綺麗に。

Img_2169

いやー凄い。

 

当然、ディスプレイのコーティングを剥がしているので、発色とかに影響が出ている可能性はありますが、私にはわかりませんでした。

 

<注意>この記事の内容はメーカー非推奨なので、行う場合は自己責任で。私はいかなる責任も持ちません。

2019年10月25日 (金)

ANA SKiPサービスの落とし穴? 保安検査場通過後に二次元バーコードを再ダウンロードしたらダメよ。

Img_2167

とても便利なANAのSKiPサービス。

そう、スマートフォンがあれば、チケットレスでチェックインをスキップし、保安検査場から搭乗までをスムーズに行える便利なサービスのことなんだけど。。。

 

先日、搭乗口で何度も「異なる媒体」という旨の認証エラーになってしまい、搭乗が最後になってしまいました。

 

その顛末を、時系列に話すと

  1. iPhoneのWalletに二次元バーコードを登録
  2. 保安検査場の入り口でiPhoneの通知に「飛行機の搭乗口変更」が届く(気付く)
  3. 保安検査場を通過
  4. iPhoneの通知をタップして、機体変更による搭乗口変更と座席変更の詳細を知る
  5. Walletの情報が変更前の情報だったので、ANAのアプリで最新の情報に更新して、最新の二次元バーコードを再ダウンロードしWalletに追加
  6. Walletから古い情報の二次元バーコードを削除
  7. 搭乗口でWalletの二次元バーコードを読むと「異なる媒体」という旨の認証エラーとなり、ゲートを通過できない。

 

もう、お気づきだろうか?

同じ媒体(iPhone)であっても、一旦、保安検査場を通過したら、その時点の二次元バーコードで搭乗ゲートを通過する必要があるみたいです。

つまり、保安検査場を通ったら、二次元バーコードの再ダウンロードしてはいけない(する必要はない)ということ。

 

この事に遭遇した後に、ANAのホームページを読み返して見たのですが、

「保安検査場と搭乗口では同じ媒体で通過してください」

との記事は書いてあるんですが、

「保安検査場通過後に二次元バーコードを再ダウンロードしてはいけない。(二次元バーコードが変わることがある。)」

との記事は見つけることができませんでした。

 

よく考えたら「当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、この時のように「突然の機体変更、搭乗口変更、座席変更」の知らせが来たら、ついついやりそうな事だと思いませんか?私だけ?

 

できれば、ANAのアプリで「既にこの二次元バーコードで保安検査場を通過しているため、搭乗するまでは削除(更新)しないでください。」といった旨の警告メッセージを出せるようにできないもんかしら。(Wallet削除時に警告が出てくれる方が、更に良いのですが。)

 

皆さんもお気を付けくださいませ。

2019年10月24日 (木)

Q'ulle 5周年記念 アジア6大都市ベストツアー 「VOW」ツアーファイナル@赤羽 ReNY alpha

C66024a1f28d4dfebb76b06d60632398

去る2019/10/22。

”Q'ulle 5周年記念 アジア6大都市ベストツアー 「VOW」”のツアーファイナルに参戦すべく、

赤羽 ReNY alphaへ行ってきました。

 

まず、私がQ'ulleを知ったのは、2018年の後半。つまりにわかなの。

 

数年前からYouTubeでまなこの「踊ってみた」は観ていたんだけれども、

2018年の後半に「Q'ulleっていうグループで活動しているんだ。」ということに気づき、

2018/11/04、福岡のライブへ行ったのが最初。

 

で、その(福岡の)ライブの時の衝撃というか熱気というか圧に感動しちゃって、

それからCDとかDVDとか購入するように。

 

なので、最初、このツアーファイナルへ行く予定はなかったんです。遠いし。

でも、やっこがこの日で卒業するということで、確か、その発表があってからだと思うのですが、チケットが奇跡的に取れたので行ってきました。

 

そんな訳で、チケットの整理番号は絶望的な数字だったんですが、なんとかメンバーの顔が人の肩越しに見える位置に。なんとかね。

チケット ソールドアウトだったので、ライブ会場は満員電車の中のような鮨詰め状態で、ライブ開始前からかなりの熱量が。。。

 

最初、やっこの元気な笑顔を見れて、それだけで「今日は九州から来て良かったなぁ。」と思いました。

 

どの曲&ダンスも素敵でチョー楽しかったです。

 

そして迎えたやっこの挨拶。覚悟はしていたんだけど悲しかったなぁ。幸せになって欲しい。本当に。。。

 

で、その後に発表された「Q'ulle全員の卒業」。

「えっ、マジ?」って。

 

いとくとら、まぁむ、ゆずき、まなこの挨拶を聴きながら。。。いろんな事を想像しました。

そしたら、自然と涙が出て止まらない。

 

ファンとしては、彼女たちがどんな道を選ぼうと暖かく応援してあげたい。どんな形にせよ。

 

そんな意味も込めて。。。アンコールでは相当はしゃいじゃいました。大声で叫びジャンプしたわ。

 

Q'ulleが私の人生に彩りを与えてくれました。それは確かに言えます。そして、忘れない。いつまでも。

 

いとくとら、まぁむ、ゆずき、まなこ、やっこの幸せを祈ります。

2019年10月16日 (水)

アペックスラジオ 中短波受信用アクティブプリセレクタ 512APBを買ってみた

Img_2131

ちょっと前から気になっておりました、アペックスラジオさんから販売されている中波/短波受信用アクティブプリセレクタ 512APBを買ってみました。

 

512APBは、中波(MW) 550kHz〜1.8MHzと短波(SW) 3.5MHz〜12MHzをカバーするアクティブ式のプリセレクタです。

 

給電は9Vの角電池。なので、商用AC電源供給タイピのプリセレクタのように商用AC電源からのノイズを心配する必要はありません。また、電源ケーブルも必要としないためポータビリティにも優れています。

 

以下は、私の環境(ロケーション)でテストした結果です。

  • ラジオ:DEGEN DE1103(PLL方式)
  • アンテナ:AOR SA7000

 

<MW:1197KHz RKKラジオ>

  • プリセレクタ未使用(スルー時)

Img_2143

  • プリセレクタ使用時(電源ON時)

Img_2144

<SW:9840KHz ベトナムの声放送>

  • プリセレクタ未使用(スルー時)

Img_2136

  • プリセレクタ使用時(電源ON時)

Img_2137

ラジオの液晶画面の左上に見える三角形の表示部分がSメータです。(棒が右に伸びるほどアンテナのシグナルレベルが高いことを示します。)

このように、プリセレクタを使用すると受信状態が良くなる結果に(当然ですが)。特に中波での効果は優れものです。

 

なお、この商品は、同調を取るためのチューニング(チューニングダイヤルでの操作)がとてもシビアです。そのため、(ちゃんとした)Sメータがあるラジオじゃないとチューニングは難しいかな。

 

近年、BCLを趣味にしている人は少ないとは思いますが、このような製品が製造&販売されることは、素直に嬉しいですね。

2019年10月14日 (月)

読めない漢字は、iPhoneの手書き入力で調べよう。

もう、皆さんはご存知のお話かと思いますが。。。

 

でも私は、昨日、初めてこの機能を知りました。

 

きっかけは、小説の文章中の「楡」が読めなかった事。

 

普通は、「へん」と「つくり」で検索しちゃうんだけど。。。

例えば「鰯」は、「魚へんに弱」で検索して「イワシって読むんだ。」っていう感じ。

 

でも、「楡」は、「木へん」ということはわかるんですが。。。つくりの読み方(指定の仕方)が判らない。

 

そこで、iPhoneで手書き入力ってできないのか? ググってみました。

 

手順は、iPhone(iOS)の

「設定」→「一般」→「キーボード」→「キーボード」→「新しいキーボードを追加...」→「簡体中国語」→「手書き」

とタップし、最後に「完了」をタップします。

 

キーボードに「簡体中国語ー手書き」が追加されていればOK。

Img_2102

入力時は、キーボード表示の切替(地球儀のマーク)を数回タップ、もしくは長押しで「簡体手写」をタップします。

すると、以下のように手書き入力ができるようになります。

Img_2104_20191014160901

ただし、手書き入力できるのは、漢字と英数字だけとなります(ひらがなとカタカナはNG)。

ですが、読めない漢字を調べる時には重宝するかと。

2019年10月11日 (金)

@niftyメール(IMAP)の設定方法 iOS 13.x,macOS Catalina編

いやね、毎回、間違うわけですよ@niftyメールの設定を。

他のメール(Gmail,Outlook等)とは、挙動が違うわけ。@niftyメールのIMAPは。

 

で、この記事でちゃんとまとめておこうかと。(備忘録としてね。)

 

<iOS 13.x>

 

1)「設定」→「パスワードとアカウント」→「アカウントを追加」をタップ。

2)「アカウントを追加」で「その他」をタップして、「メールアカウントを追加」をタップ。

3)「名前」に私の場合は氏名(日本語で。海外にメールする場合は英字の方が良いかも?)@nifty ID、「メール」にメールアドレス、パスワードにパスワードを。すると「説明」に「Nifty」と表示されるのでそのまま、「次へ」をタップ。

4)「新規アカウント」と表示されたら「IMAP」をタップ。

5)受信メールサーバの「ホスト名」に“imap.nifty.com”、「ユーザ名」にメールアドレス、「パスワード」にパスワードを入力。送信メールサーバの「ホスト名」に“smtp.nifty.com”を、「ユーザ名」に@nifty IDを、「パスワード」にパスワードを入力し「次へ」をタップ。

6)メールとメモの項目を「オン」にし、「保存」をタップ

7)「アカウント情報」の最下部にある「詳細」をタップし、次に「認証」をタップ。

8)「パスワード」を選択し、「詳細」をタップ。

9)「SSLを使用」をオフ、「IMAPパス接頭辞」に"INBOX"、「サーバポート」に"143"を入力。

10)「完了」をタップ

 

ここまでの設定が完了すると以下のように状態になっていると思います。

※「名前」は、後日、氏名に変更しました。

Img_2095

Img_2096

Img_2097

 

この後、メール(アプリ)を起動し、メールを読み込みます。

この動作をしないと、この後の「メールボックスの特性」の設定が反映されないようです。

 

11)再度、「設定」→「パスワードとアカウント」→「Nifty」→「アカウント」→「詳細」をタップ。

12)「メールボックスの特性」で以下を指定します。その後、「完了」をタップ。

  • 下書きメールボックス:「サーバ上」→「Draft」
  • 送信済みメールボックス:「サーバ上」→「Sent」
  • 削除済みメールボックス:「サーバ上」→「Trash」

13)再度、「設定」→「パスワードとアカウント」→「Nifty」→「アカウント」→「詳細」をタップし、以下のように表示されればOKかと。

Img_2098

 

iOS側の設定は以上です。

 

 

<macOS Catalina>


1)「システム環境設定」→「インターネットアカウント」→「その他のアカウントを追加」→「メールアカウント」をクリック。

2)「名前」に私の場合は氏名(日本語で。海外にメールする場合は英字の方が良いかも?)@nifty ID、「メールアドレス」にメールアドレス、「パスワード」にパスワードを設定して、「サインイン」をクリック。すると以下のようにアカウントが追加されているはず。

※「名前」は、後日、氏名に変更しました。

20191011-104250

3)メール(アプリ)を起動します。そしてメニューバー「メール」→「環境設定」をクリック。

4)タブ「アカウント」→「Nifty」→「アカウント情報」をクリックすると以下のようになっていると思います。

20191011-104008

5)「サーバ設定」をクリックすると以下のようになっていると思います。

20191011-103634

6)「IMAPの詳細設定」をクリックし、「IMAPパスの接頭辞」に"INBOX"を指定し、「OK」をクリック。

20191011-103847

7)「メールボックスの特性」で以下を指定します。

  • 下書きメールボックス:「Nifty」→「Draft」(INBOX/Draft)
  • 送信済みメールボックス:「Nifty」→「Sent」(INBOX/Sent)
  • 迷惑メールボックス:「Nifty」→「迷惑メール」(INBOX/迷惑メール)
  • 削除済みメールボックス:「Nifty」→「Trash」(INBOX/Trash)

20191011-110409

8)念のため、メール(アプリ)を再起動し、メニューバー「メールボックス」→「再構築」を実施。(不要かもしれませんが?)

 

macOS側の設定は以上です。

 

@niftyをPOP3から変更する場合や@niftyのアカウントが不安定な場合、思い切って「システム環境設定」→「インターネットアカウント」から、一旦、@niftyのアカウントを削除した方が良いみたいです。(iCloudにどこまでの情報が保存されているのか不明なため。)

あっ、その前に重要なメールはバックアップ取るなり、別のメールアドレスへ転送するなりしてね。

 

2019年10月 4日 (金)

iPhoneのモバイルSuicaにログインできない。パスワード再発行のメールが届かない。

先日、iOSのバージョンを12.xから13.xにバージョンアップしたからなのか?

はたまた

モバイルSuicaのアプリを2.4.0から2.5.0にバージョンアップしたからなのか?

 

原因は不明なのですが。。。突然、モバイルSuicaにログインできなくなるという問題が発生???

何でぇ〜。

 

そこで、ググってみると、その対策としては「パスワードの再発行」をすれば良いらしい。

以下は、私の経験談です。

 

1.トップ画面の「パスワードを忘れた方」をタップ。

Img_2063

2.「次へ」をタップ。

Img_2064

3.Suicaアプリケーションに登録しているメールアドレスを指定し、「会員登録しているメールアドレスに送信する」にチェックを入れます。そして、メールを受け取る機種に「現在操作している端末」を指定し、「次へ」をタップ。

Img_2066

4.「申し込む」をタップ。

Img_2067

5.すると、以下のようにパスワード再発行(再登録)ページのURLを指定のメールアドレスへ送信した旨の画面が表示されます。

Img_2068

が。。。

いつまで待っても、パスワード再発行のメールが届きません。

 

Appleユーザーの場合(多くのiPhoneユーザーは)、"@mac.com"を指定していると思うのですが。。。

どうも、このドメインのメールサーバーは、"info@mobilesuica.com"のメールを受け付けないらしい。。。分からんけど?

 

でも、ここで慌ててはいけません。

再度、前述の1.からやり直して、3.にて以下の画像のように「会員登録のメールアドレスとは異なるメールアドレスに送信する」にチェックを入れ、別のメールアドレスを試してみてください。

Img_2069

私の場合は、"@nifty.com"にしたら、パスワード再発行のメールが届きました。

 

この後の手順は、

6.パスワード再発行のメール本文のURLをクリック

7.「Suicaアプリ起動」をタップ。

8.氏名、生年月日、郵便番号、秘密の質問の答えを記入し「次へ」をタップ。

9.入力内容を確認して「次へ」をタップ。

10.新しいSuicaパスワードを入力して「再登録する」をタップ。

11.「TOP」をタップ。

12.新しいSuicaパスワードを入力してログイン。

 

すると。。。できましたよ! 無事ログインできるように。よかったよかった!!

(秘密の質問の答えがなかなか思い出せなくて。。。詰みそうにはなりましたが。w)

 

でもさぁ、キャッシュレス決済を政府は推進しているとのことだけど、

ITリテラシーが低い方とか年配の方とか、上記の解決方法まで辿り着けるんやろうかねぇ???

 

そうそう、モバイルSuicaでポイント還元を受けるためには、事前登録が必要って知ってました?

私ゃ、10/1の夜のニュースをたまたま観てて初めて知ったわよ。 プンプン。

2019年9月24日 (火)

Mac OS のメールで@niftyメールがPOP3からIMAPへ変わらない?

※この記事は、2017/9/25に私のアメブロに書いた記事です。私のアメブロに対するGoogle SerchConsoleのレポートを見ると、この記事へのアクセスが多かったため、その内容をココログに転載しました。記事は当時のものですのでご注意ください。

 

20190924-205207

明日、mac osがmacOS High Sierraにアップデートされると聞き、

このタイミングで、@niftyメールをPOP3からIMAPへ切り替えようと。

 

で、その時のトラブルを備忘録としてここに残しておくことにします。

 

まずは@niftyのメールの契約を変更。

 

そして、mac osのメールにて、@niftyのアカウントを変更しようと思ったのだが、

IMAPに関する情報を入力する箇所が見当たらない???

 

iOSだと、簡単に変更できるのに、

mac osのメールはどうなっとるんじゃい?と。。。

 

そこで、@niftyのアカウントを削除。

その後、追加するも。。。

POP3にしかならない???

 

困り果てて、ここでググる。

 

どうも、メールの「アカウントの追加」で、

以下のように1回、デタラメのメアドとパスワードを指定すれば良いらしいと。

20190924-205321

サイインインすると当然以下のように

エラーのポップアップが出るので、

そこで正しい設定をすれば。。。

20190924-205246

ちゃんと、メールアカウントをPOP3からIMAPに変更できました!

 

さすが、Apple。

 

ユーザエクスペリエンスは最高だぜ!!!\(*`∧´)/

«ラグビーワールドカップ フランスvsアルゼンチン @東京スタジアム

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク