« ICOM IC-PCR100をWindows 7 で動作してみました! | トップページ | 川口春奈 3rd PHOTOBOOK 「haruna 3」(直筆サイン入り)買っちゃった! »

2015年2月24日 (火)

GoogleドキュメントとBluetoothワイアレスキーボードとの相性?

Google PlayのAndroidアプリ「Googleドキュメント」(バージョン 1.4.072.10.34)のレビューに、

 

「相変わらずキーボードのenterが使えない。いい加減にしてほしい。」
とかのコメントがあるが、

 

私の持っている
1)"【VSTN】Google Nexus 9 (HTC Google Nexus 9 LTE)専用 脱着式Bluetooth キーボード ケース一体型 良質PUレザーケース付き (Google Nexus 9, ブラック)"
2)"nexus 7 2013 専用Bluetoothワイアレスキーボード(C01656-C-BLK)"
で、その真偽の程を確かめてみました。

 

まず、
1)の製品の場合

 

Img_1048

 

英数字は変換対称になり、かつ、「Enter」キーで文字を確定することはできない。

 

Img_1049

 

どうやら、「スペース」キーで確定するみたいなのだが、
これではカーソルが「半角スペース」1文字分進んでしまう。

 

したがって、改行する場合も、英数字の入力後に「スペース」を打ち、

 

Img_1050

 

その後、「Delete」キーで1文字戻して、「Enter」キーを打つことで

 

Img_1053

 

改行するしかないみたい。

 

日本語も同様で、変換対称の文字は「スペース」キーで選択できるのだが、
「Enter」キーでは確定しない。
「スペース」キーで変換したい文字を選択後、
なんらかの日本語もしくは英数字を入力しないと確定しない。

 

 

2)の製品の場合

 

Img_1072

 

英数字は変換対称になっておらず、

 

Img_1066

 

「Enter」キーで改行となる。

 

困ったことに、こちらの製品は、
日本語の場合、日本語が変換対称となり、
変換したい文字は「スペース」キーで選択できるのだが、

 

Img_1067

 

「Enter」キーを押しても確定しない。

 

どうやら、タッチパネルをタッチして確定するしか手段はないみたい。

 

 

この結果から察するに、Google PlayのAndroidアプリ「Googleドキュメント」は、
まだ日本語に完全に対応していないようだ。

 

 

ただ、Google PlayのAndroidアプリ「Microsoft Word for Tablet」では、
以上で述べたような事にならないので、文書作成については、
「Microsoft Word for Tablet」を推奨します。

« ICOM IC-PCR100をWindows 7 で動作してみました! | トップページ | 川口春奈 3rd PHOTOBOOK 「haruna 3」(直筆サイン入り)買っちゃった! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GoogleドキュメントとBluetoothワイアレスキーボードとの相性?:

« ICOM IC-PCR100をWindows 7 で動作してみました! | トップページ | 川口春奈 3rd PHOTOBOOK 「haruna 3」(直筆サイン入り)買っちゃった! »

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク