« 初めてのラズベリーパイ(Raspberry Pi 3 Model B) | トップページ | ICOM IC-PCR1000のフリーソフト »

2018年3月14日 (水)

Raspberry Pi 7インチ タッチ・スクリーンディスプレイの接続方法

Img_0154

 

このRaspberry Pi 公式 7インチ タッチ・スクリーンディスプレイですが、

 

Img_0159

 

箱(写真下)を空けても取説がありません!(驚き

 

多分、ラズベリーパイは小さい子供でも組み立てられると言う
謳い文句があるくらいだから、
メーカーは私を試しているんでしょうね?

 

他の人は戸惑わないのだろうか?

 

まぁ、Raspberry Pi本体に
「DISPLAY」
って書いてあるので
リボンケーブルをそこに刺すんだろうなぁと言うことくらいは
想像できるのですが。。。

 

そこで
「Raspberry pi ディスプレイ 接続方法」
でググって見たら。。。

 

ありました。
説明が、こんなところに。

 

https://raspberry-pi.ksyic.com/page/page/pgp.id/4

 

でも、いつ忘れるかわからないので、
ここに備忘録として残すことにします。

 

リボンケーブルは、Raspberry Piと(ディスプレイ)アダプタボードを以下のように
接続します。(裏表に注意)

 

Img_0160

 

Img_0162

 

コネクタは、両サイド(青丸部分)を持ち上げると
隙間ができますので、
そこにブッ刺す感じで。

 

ディスプレイの電源ですが、
上記のサイトには、Raspberry Piとは別に電源を供給することを推奨しておりますが。。。

 

でも、2つ電源ケーブルがあると面倒いじゃん。

 

そこで、私は以下のようにRaspberry Pi側から電源を供給しております。

 

<Raspberry PiのGPIO> <(ディスプレイ)アダプタボードのGPIO>
#2 <----->#1
#6 <----->#5

 

Img_0161

(この写真と3番目の写真を見てね。)

 

最近、ラズパイの話ばかりですみません。
次回は、別の話題を持って来ます。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

« 初めてのラズベリーパイ(Raspberry Pi 3 Model B) | トップページ | ICOM IC-PCR1000のフリーソフト »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry Pi 7インチ タッチ・スクリーンディスプレイの接続方法:

« 初めてのラズベリーパイ(Raspberry Pi 3 Model B) | トップページ | ICOM IC-PCR1000のフリーソフト »

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク