« PCR AnyWhereをRaspberry Piで動作して見ましょう? | トップページ | シングルボードコンピュータの流れを変えるTinker Board S »

2018年4月13日 (金)

Raspberry Pi いろんなディストリビューションを試すがUbunts MATEに

えっと、

 

最近、ちょっと体調が思わしくないので、

 

私、部屋でおとなしくしていることが多くて。。。

 

そんな私、今日は一人部屋にこもって
ラズパイにいろんなLinuxディストリビューションをインストールして
楽しんでおります。

 

通常は、Raspbianを使っておりますが。。。

 

せっかくいろんなLinuxディストリビューションがあって
デスクトップ環境も特徴があって楽しめるので
少し試して見ました。

 

まず、openSUSE

 

Img_0200

 

重いです。
もっさりしていて私には耐えられなかったので、
Raspberry Pi 3 MODEL B+
の入手を待つことにします。

 

次に、Quirky Xerus for the Raspberry Pi

 

Img_0199

 

これは、openSUSEよりも軽快に動くのですが。。。
(とは言ってももっさりとしか動きませんけどね。)
日本語化が難しくて頓挫しました。

 

最後は、Ubuntu MATE

 

Img_0198

 

これは、UIが俺好みです。
多少もっさり感もありますが、
我慢できる範疇。

 

日本語化も楽。

 

インターネットラジオ・サーバーなんかで使うのに適していると思います。
(radikoとかSHOUTcastをBGMとして聞き流すには丁度良いと思いますよ。消費電力も小さいですし。)

 

ただね、Firefoxのセキュリティパッチを当てると
Firefoxの起動でクラッシュします。

 

何度かチャレンジして見ましたが、
必ずFirefoxが起動時にクラッシュします。
原因も解決方法もわかりませんでした。

 

が、当分はChromiumで我慢することとします。

 

<<<備忘録>>>
Software Updaterを実行すると「Not enough free disk space」というメッセージが
出てアップデートができない状況に遭遇するかと思います。

 

その場合は、以下のようにターミナルを用いてコマンドを打ってください。

 

$sudo apt-get clean

 

$cd /var/cache/apt/archives/

 

$ls -l (一応、ここでどんなファイル&ディレクトリがあるのかチェック)
$sudo rm lock (だったかな?)
$sudo rmdir *

 

とにかく、/var/cache/apt/archives/ 配下のファイル&ディレクトリを全て削除すれば、
このメッセージは出力されず、アップデートが行われます。

 

« PCR AnyWhereをRaspberry Piで動作して見ましょう? | トップページ | シングルボードコンピュータの流れを変えるTinker Board S »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry Pi いろんなディストリビューションを試すがUbunts MATEに:

« PCR AnyWhereをRaspberry Piで動作して見ましょう? | トップページ | シングルボードコンピュータの流れを変えるTinker Board S »

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク