« シングルボードコンピュータの流れを変えるTinker Board S | トップページ | Raspberry Pi 3 MODEL Bに大きなヒートシンクを付けて見た。 »

2018年4月16日 (月)

VolumioをRaspberry Piにインストールしてオーディオサーバー化

皆さんご存知のお話ですから、
アメブロの方に書こうかな?
と思ったのですが。。。

 

できるだけアメブロの方には日常を書きたくて。

 

この話は、ちょっとマニアックなので
ココログに書こうと思います。

 

で、タイトルにもありますが、
ラズパイは、消費電力も小さいので
オーディオサーバーにするのもアリです。

 

これは、用途に応じてmicroSDを差し替えることで
簡単に用途(OS)を切り替えることができるという
ラズパイならではのメリットも影響しています。

 

具体的にお話しますと、
プログラミング時は、RaspbianのmicroSDを差し込んで、
オーディオサーバー時は、VolumioのmicroSDを差し込むということ。

 

Tinker Board Sでやろうとは思わないですよね。w

 

先に出て来ましたVolumioというのが
オーディオ再生に特化したOSです。

 

導入は、非常に簡単で
公式サイト(以下のURL参照)からイメージをダウンロードして
microSDに焼くだけ。

(microSDカードは、予めSDカードフォーマッター(SD Card Formatter)を使用しFAT32でフォーマットしておきます。)

 

https://volumio.org

 

今日時点では、VERSION: 2.389が公開されています。

 

Volumioを焼いたmicroSDをラズパイに差し込んで、
かつ、LANケーブル&キーボードを差し込んで、
電源をONに。

 

最初は起動に少し時間がかかりますが、
"volumio login:"
と表示されたら
ユーザーID:volumio
パスワード:volumio
と入力します。

 

これで、サーバー側の設定は終わりです。
画面は、こんな感じ。

 

Img_0219

 

これからは、記憶が曖昧なのですが。。。

 

クライアントPCorタブレットのブラウザから
"http://xxx.xxx.xxx.xxx" (IPアドレス指定)
をURLに指定してサーバーの設定画面を表示します。

 

IPアドレスは、windows PCだとエクスプローラーの
"ネットワーク"で"Volumio"が表示されますので、
"プロパティ"を見ればわかります。(もしくは、サーバー側で"ip a"コマンドを実行)

 

ちなみに、私の場合は、一旦サーバーの設定してサーバーを再起動しないと
"http://volumio.local"
ではアクセスできませんでした。

 

サーバーの設定で
・日本語
・出力デバイスは"HDMI Out"(最近のTVは音も良いのでこだわりがなければ、これでも十分)
・無線LAN
くらい指定して(後から設定変更できるので)、
ブラウザのシャットダウンメニューから再起動を選択し、
サーバーをリブートします。

 

起動後は、ログインして
LANケーブルとキーボードを外して完了。

 

私はもっぱら、

 

20180416_192905

 

インターネットラジオを楽しんでいます。

 

« シングルボードコンピュータの流れを変えるTinker Board S | トップページ | Raspberry Pi 3 MODEL Bに大きなヒートシンクを付けて見た。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VolumioをRaspberry Piにインストールしてオーディオサーバー化:

« シングルボードコンピュータの流れを変えるTinker Board S | トップページ | Raspberry Pi 3 MODEL Bに大きなヒートシンクを付けて見た。 »

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク