« Windows 10 スマホ同期がiPhoneでできない?! | トップページ | iPod nano 第5世代 バッテリー交換に挑戦するも失敗! »

2018年10月 8日 (月)

iPod ClassicのSDカード化に挑戦したがSDカードが認識されない

なぜ、こんなことをやろうと思ったんやろう。。。

 

私のiPod Classic 6.5世代(MB565J)は、
HDDもバッテリーもビンビンなのに。。。

 

事の発端は、
iPod nanoのバッテリーが逝ってしまったので、
バッテリーの交換方法をググっていたら。。。

 

たまたま

 

iPod ClassicのHDDのSDカード化

 

の記事を見かけてしまい、

 

へぇ、そうなんだ!そんなことが可能なのね?

 

じゃ、ちょっとチャレンジしようかと。

 

 

まさか。。。

 

こんなに苦労するとは。

 

 

まず、今回、この作業をする上で購入したものを。

 

Img_0596

 

20181008_044018

 

CF<->IDEの変換アダプター

 

20181008_044040

 

SD<->CFの変換アダプター
<注意> iPod Classicに使えるのはType1

 

SDカード
<注意> iPod Classic 6.5世代は、128GBまで。MS-DOS(FAT32)でフォーマット要

 

20181008_044103

 

分解工具
<注意>iPod Classicを開腹するには、
金属製のヘラが最低2本は必要です。
プラスチック製のヘラだと。。。少なくとも私のレベルでは、
開腹できませんでした。

 

 

まずは、
CF<->IDEの変換アダプターと
SD<->CFの変換アダプターと
SDカード
を組み立てます。こんな感じ。

 

Img_0597

 

最初、CF<->IDEの変換アダプターに
SD<->CFの変換アダプターが刺さらないという問題が発生!

 

なぜだろう?
とCF<->IDEの変換アダプターを
詳しく観たところ、
ピン1本が曲がっておりました。

 

多分、
CF<->IDEの変換アダプターは、
ゆうパケット(封筒の中にプチプチがコーティングされているもの)で
送られてきたため、輸送中に力がかかったんだと思います。
(精密機械なんだから、段ボールに入れて送ってほしいなぁ。)

 

で、このピンは折れやすいので。。。
金属ベラで、慎重にピンの曲げを正します。

 

 

次は、難問の開腹ですが。。。

 

最初、プラスチック製のヘラでチャレンジしてみたんですが、
うんともすんとも行かず、
結局、金属ベラを使いました。(以下の画像を参照してください。)

 

開腹は、液晶画面を見て左側上部側面から金属ベラを差し込んで、
少しづつ力を加えて行います。
<注意>液晶画面を見て上側側面から金属ベラを差し込むと、
ロックボタンorイヤホンのリボンケーブルを損傷する可能性があります。

 

開腹すると、こんな感じ。

 

Img_0598

 

換装後は、こんな感じ。

 

Img_0600

 

で、
一番苦労したのが、HDDリボンケーブルの接続です。

 

換装後、iPod Classicの電源を入れると、
赤いバツマークが表示されて起動しない。

 

なぜだろう?
と原因を探っていたところ、

 

換装前のHDDにて、(たまたま)リボンケーブルが正しく接続できていないときにも
同様な現象になることから、

 

どうも、HDDのリボンケーブルが正しく入っていない(SDカードを認識していない。)と推測。

 

 

このCF<->IDEの変換アダプターへのリボンケーブルの接続は
とてもシビアで、
リボンケーブルを奥に差し込んでもダメ。

 

色々試した結果、
リボンケーブルの端から1番目の白線より奥に、
かつ、端から2番目の線が(平行に)見えるギリギリに
しないといけないみたいです。

 

もし、同様の問題で苦しんでいる人がいらっしゃいましたら、
リボンケーブルの接続を疑ってみてください。

 

 

まぁ、
なんやかんやありましたが。。。

 

Img_0601

 

無事にSDカード化成功です。

 

8888888

 

<おまけ>
プラスチック製のヘラで苦戦していたら、
手が滑って。。。名誉の(?)負傷を。

 

Img_0599

 

« Windows 10 スマホ同期がiPhoneでできない?! | トップページ | iPod nano 第5世代 バッテリー交換に挑戦するも失敗! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

リボンケーブルの深さは盲点でした。 参考にさせていただき作業成功しました。 ありがとうございます。

kumaさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよね。私もリボンケーブルを奥まで差し込んでいたため、何度もSDカードを認識しなくて、相当な時間を浪費してしまいました。
無事に作業できたようでなりよりです。
これからも役に立つ情報発信に努めますので、よろしかったらこのブログをご贔屓にしていただけると嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPod ClassicのSDカード化に挑戦したがSDカードが認識されない:

« Windows 10 スマホ同期がiPhoneでできない?! | トップページ | iPod nano 第5世代 バッテリー交換に挑戦するも失敗! »

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク