« LibreELEC システムの手動(manual)での更新方法 | トップページ | Linux Mint 19.1 を 19.2 へアップグレードしてみたよ。 »

2019年8月 3日 (土)

アペックスラジオ 55CPL-AT 中波受信用簡易カプラーを使ってみた

Img_2045

アペックスラジオさんで、長らく欠品していた

55CPL-AT 中波受信用簡易カプラー

が再入荷されましたので、早速購入して使ってみました。

 

ちなみに、この商品をざっくりと説明するとですね、

一般的なポータブルラジオでは、AM受信時、ラジオ内臓のバーアンテナが使用されるのですが、

このカプラーは、その内蔵のバーアンテナに対して、外部アンテナからの信号を結合するもので、

簡単にいうと、AM受信において外部アンテナ端子が無いラジオでも、外部アンテナを繋げることができまっせ!

という商品です。

 

で、今回私は、

ラジオは、TECSUN PL-880

アンテナは、AOR SA7000を使用しました。

 

<周波数:873KHz>

  • 使用前

Img_1812

  • 使用中

Img_1813

カプラー使用前は、シグナルレベル(ラジオの液晶画面右上に表示される値)39dBμ,13dBで

放送局が雑音の中に埋もれてしまっていたのですが、

カプラー使用中は、シグナルレベル50dBμ,12dBとなり、放送がはっきり聴こえます。

 

<周波数:1062KHz>

  • 使用前

Img_1815

  • 使用中

Img_1816

別の周波数(1062KHz)でも試してみたのですが、

カプラー使用前は、シグナルレベル25dBμ,01dBが

カプラー使用中は、シグナルレベル44dBμ,17dBと、効果がはっきりと。

 

 

また、私の部屋は集合住宅ということもあって、

結構、フロアノイズが凄いので、AOR GT-1と併用してみたのですが。。。

  • 使用前

Img_1817

  • 使用中

Img_1818

凄いね。ノイズレスで聴こえます。

 

通常、AM受信時は放送局に合わせて、ラジオをグルグル回転させておりましたが、

このカプラーを使うと、その操作も不要。

 

このカプラー、1個持っているだけで相当重宝するのではないでしょうか。

おすすめ。おすすめ。

« LibreELEC システムの手動(manual)での更新方法 | トップページ | Linux Mint 19.1 を 19.2 へアップグレードしてみたよ。 »

BCL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LibreELEC システムの手動(manual)での更新方法 | トップページ | Linux Mint 19.1 を 19.2 へアップグレードしてみたよ。 »

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク