« CASIO CA-53W-1 の時刻合わせ方法 | トップページ | Linux Mint 19.3 を 20 にアップグレードしてみた。 »

2020年7月 3日 (金)

SONY MDR-1A のイヤーパッドを交換してみた。 ーGeekria Earpad for MDR-1A,1A-DAC Headphone Ear Padを購入してみたー

Img_2892

 

最近はもっぱら、Volumio + Raspberry Pi で音楽を楽しんでいる私。

 

その際、私が愛用しているヘッドフォンはSONY MDR-1Aなのですが、以下の画像のように経年劣化(購入後5年経過)にてイヤーパッドの内側がボロボロになってきていたので、今日はこのヘッドフォンのイヤーパッドの交換にチャレンジしてみました。

Img_2893

 

今回、購入したイヤーパッドは、「Geekria イヤーパッド Sony MDR-1A,1A-DAC 等対応 交換 用 ヘッドホンパッド イヤークッション(ブラック)」 。(なんか、商品名が微妙な感じがするけどね。)

20200703-170539

 

この商品にした理由は、「MDR-1A イヤーパッド」で検索すると、この商品が多くヒットすることや、イヤーパッドの交換手順の動画にもこの商品が多く紹介されていたから。

この商品、Amazonで¥1,761(2020/07/03時点)でした。



交換は、それほど難しくなかったです。誰でもできると思います。(所要時間は10分程度でした。)

 

最初は、サイドのラッチを目掛けて付属のプラスチック製のヘラをブッ刺すイメージで。

すると以下の画像のように、イヤーパッドが本体から外れます。

Img_2894

 

Amazonの商品のサイトには、左右両方を分解する説明が記載されておりますが、私は、左右どちらか一方づつ作業した方がミスは少ないと考えます。(私は左から)

ちなみに、イヤーパッドの皮の内側が赤い方が、右(R)用です。←ここ注意。

 

次に、外したイヤーパッド内にあるプラスチックのリングを取り出し、それを交換用の新しいイヤーパッドに収めます。

Img_2895

 

この時、イヤーパッドにプラスチックのリングを収めるのに苦労するかもしれません。コツとしては、皮の部分を引っ張るイメージで。かつ、メッシュ部分は決して触らないように。

 

最後は、交換用の新しいイヤーパッドを本体に嵌め込みます。これで、片方の交換は終了。

 

これと同じことを、もう片方でも行います。(以下の画像は右側)

Img_2896

 

純正品と比べると以下のような感じになります。上側が純正品で下側が今回購入した商品です。

一見した程度では違いは分かりません。

Img_2897

 

今回は、Amazonのレビュー等で見かけた「イヤーパッドの穴が合わない。」ということはありませんでした。

また、分解や組み立てもスムーズに(なんの苦労もなく)行えました。(この商品を紹介する動画の中には、「数十分かかった。」という話もありましたが、私の場合そんなことはなく。たまたまなんですかねぇ?)

 

Img_2898

生まれ変わった(言い過ぎ?)、私のMDR-1A。

 

今夜もVolumio + Raspberry Piで阿部真央を。あべま最高!!!

 

« CASIO CA-53W-1 の時刻合わせ方法 | トップページ | Linux Mint 19.3 を 20 にアップグレードしてみた。 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CASIO CA-53W-1 の時刻合わせ方法 | トップページ | Linux Mint 19.3 を 20 にアップグレードしてみた。 »

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク