« GmailとOutlookのメールを同期する方法のヒント | トップページ | VirtualBox on Linux Mint - ゲストOSであるWindowsの画面サイズが変わらない(固定のまま)? ーゲストOSの画面サイズのリサイズ方法ー »

2020年8月29日 (土)

Minitube 3.5.1 を Linux Mint 20 にインストールする手順

20200829-144947

 

先日、私の不注意でLinux Mint 20 のPC環境を壊してしまつたので、本日(08/29)、朝からLinux Mint 20 をクリーンインストールしてPC環境の再構築を。

その際、Minitubeも最新バージョン 3.5.1 にしてみましたので、その手順を備忘録としてここに残しておこうと思います。

 

1)GitHubからMinitubeのソースを入手。

sudo apt install git

git clone --recursive https://github.com/flaviotordini/minitube.git

 

2)Qtライブラリのインストール

sudo apt install build-essential qt5-default qttools5-dev-tools qt5-qmake qtdeclarative5-dev libqt5sql5-sqlite libqt5x11extras5-dev libmpv-dev

 

3)ビルド

qmake "DEFINES += APP_GOOGLE_API_KEY=個人のYoutube_API_KEY" minitube

 

個人のYoutube_API_KEYについては、以下の記事を参照ください。

Kodi(OSMC,LibreELEC) YouTubeアドオンが動作しない問題 ーPersonal Youtube API Keyの設定方法ー

 

make

 

4)実行

build/target/minitube

 

5)インストール

sudo make install

 

手順は以上ですが、作業する場合はカレントディレクトリに注意してください。

特に指定しなければ(意識しなければ)、ソース、Makefile、ビルド環境はカレントディレクトリ配下に作成されます。

 

超解説:

Linuxに詳しくない人がこの記事を読んでも、「何?」「なぜ?」となりそうなので解説を。

まず、なぜ、ビルドが必要なのか?というと、MinitubeのようなYouTubeのAPIを使用するアプリの場合は、Googleの仕様変更によりパーソナルなYouTube APIキーの設定が必要になりました。同じようにYouTube APIを使用するKODIのYouTubeアドオンもパーソナルなYouTube APIキーが必要です。YouTubeアドオンの場合は、YouTubeアドオンの設定メニューからパーソナルなYouTube APIキーが設定可能です。ですが、Minitubeの場合、そのような仕組みが無く、その変わりにソースから実行形式(Windows で言う.exeファイルのような感じ)にビルドする過程でパーソナルなYouTube APIキーを指定する方式をとっています。

だから、今時点ではビルドが必要なのです。

 

git clone --recursive https://github.com/flaviotordini/minitube.git

 

を実行するとカレントディレクトリ(./)に"minitube"というディレクトリができます。この"minitube"がminitubeのソース(プロジェクト)で、その中の"minitube.pro"がプロジェクトファイルとなります。

 

qmake "DEFINES += APP_GOOGLE_API_KEY=個人のYoutube_API_KEY" minitube

 

これは

 

qmake -o Makefile minitube/minitube.pro "DEFINES += APP_GOOGLE_API_KEY=個人のYoutube_API_KEY

 

と同意で、このコマンドによりプロジェクトファイル"minitube.pro"からMakefile(ファイル"Makefile")を作成します。また、この時、Makefile中の"DEFINES"環境変数に"APP_GOOGLE_API_KEY=個人のYoutube_API_KEY"を追加します。

このコマンドを実行すると、カレントディレクトリに"Makefile"というファイルができます。

 

make

 

を実行するとファイル"Makefile"の定義に従って実行形式"build/target/minitube"が作成されます。そして、この実行形式には、パーソナルなYouTube APIキーが組み込まれているという形となります。

 

sudo make install

 

実行形式"build/target/minitube"はソフトウェア・パッケージのフォーマットではないため(.debファイルではないため)、そのままではアプリケーションメニューにMinitubeアプリは表示されません。そこで、このmekeコマンドは、インストールしたような環境(アプリケーションメニューから起動できるようにするといった環境)にするための手順を実行してくれます。

 

 

 

« GmailとOutlookのメールを同期する方法のヒント | トップページ | VirtualBox on Linux Mint - ゲストOSであるWindowsの画面サイズが変わらない(固定のまま)? ーゲストOSの画面サイズのリサイズ方法ー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GmailとOutlookのメールを同期する方法のヒント | トップページ | VirtualBox on Linux Mint - ゲストOSであるWindowsの画面サイズが変わらない(固定のまま)? ーゲストOSの画面サイズのリサイズ方法ー »

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク