« Minitube 3.5.1 を Linux Mint 20 にインストールする手順 | トップページ | Zorin OS 15.3 Coreを触ってみました。 〜ダークモードの設定とWineのインストール方法〜 »

2020年9月 9日 (水)

VirtualBox on Linux Mint - ゲストOSであるWindowsの画面サイズが変わらない(固定のまま)? ーゲストOSの画面サイズのリサイズ方法ー

20200909-122445

 

私は、Windowsアプリの動作環境としてLinux Mint上にVirtualBoxをインストールし、その仮想環境にReactOSとWindows 7をインストールして使用しています。

 

先日、私の環境においてLinux Mint 19.3から20へOSをアップグレードしたところ、以下の画像ようにゲストOSであるWindows 7の画面サイズがデフォルト(800 × 600)に固定されるという現象に陥りました。

20200909-115314

フルサイズ表示にしても画面サイズが変わらない。

 

そこで、この現象を解決するために、ダメ元でVirtualBox Guest Additionsを再インストールすることに。

私の環境では、既にバージョン5.2.34がインストールされていたのですが、そのまま最新バージョン6.1.10をインストールしてみました。(もしかすると、一旦、昔のバージョンをアンインストールした方が良いのかも?)

 

  • メニュー「デバイス」→「Guest Additions CD イメージの挿入...」をクリック

20200909-115545

 

  • ドライブDをダブルクリックして、その配下の「VBoxWindowsAdditions.exe」をインストール(ダブルクリック)

20200909-115840

 

VirtualBox Guest Additionsの再インストールが終了したら、ゲストOSであるWindows 7をリブートします。

すると、次回からは以下の画像ように画面サイズがリサイズできるようになりました。

20200909-120735

フルサイズ表示ができるようになった。

 

 

おまけ:

ReactOSの場合は、VirtualBox Guest Additionsの再インストールをしようとするとインストールに失敗します。

それじゃあ、ということで昔のVirtualBox Guest Additionsのアンインストールが出来るかというと、それも失敗します。

VirtualBox Guest Additionsのインストールもしくはアンインストールの失敗後は、以下の画像のようにブートすらできなくなります。

20200909-112411

 

20200909-112457

何人たりともこのブルースクリーンから逃れることはできません。

 

もう、こうなるとReactOSの環境を最初から再構築するしかなくなります。

 

ちなみに、ReactOSのVirtualBox Guest Additionsを最新バージョンにしたからといって。。。

20200909-114720

 

画面サイズのリサイズは無理っぽい。

 

 

« Minitube 3.5.1 を Linux Mint 20 にインストールする手順 | トップページ | Zorin OS 15.3 Coreを触ってみました。 〜ダークモードの設定とWineのインストール方法〜 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Minitube 3.5.1 を Linux Mint 20 にインストールする手順 | トップページ | Zorin OS 15.3 Coreを触ってみました。 〜ダークモードの設定とWineのインストール方法〜 »

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク