« MOドライブってWindows 10,macOS Big Sur,Linux Mint 20で動作するのもあるが、Windows XPでしか動作しないものもあるので注意が必要。 | トップページ | 私のココログが27万アクセスを達成しました。皆様に感謝申し上げると共にこれからも精進しますね。 »

2020年11月29日 (日)

MX Linuxを試してみた。 ーインストールから日本語入力設定までー

_20201128_230243

 

まぁ、外出自粛で自分の時間が有り余っているってこともあるんですが、DistroWatch.com でここ何ヶ月も1位の座に君臨している MX Linux に興味が湧いてしまい今回試してみました。

 

今回も、Linux Mint 20 上の VirtualBox にて動作確認を行いましたのでご承知おきください。

 

<手順>

1)MX Linux のイメージファイル(.iso)の入手

MX Linuxの公式サイト(https://mxlinux.org )から MX-19.3_x64.iso をダウンロード。

 

2)VirtualBoxの設定

VirtualBoxでは、以下のように設定しました。

  • オペレーティングシステム:Debian (64bit)
  • メインメモリー:4096MB
  • ハードディスク:32GB(VDI 可変サイズ)

20201128-223736

 

3)MX Linux のインストール

  • ファイル" MX-19.3_x64.iso "から起動し、デスクトップ上にある「Installer」をクリック。

Screenshot_20201128_063231

 

  • 「Cange Keyboard Settings」をクリックしてキーボードの変更(Japanese : Japanese (OADG 109A)を追加)。

Screenshot_20201128_063524

 

Screenshot_20201128_063728

 

Screenshot_20201128_063818_20201129100401

 

  • その後の設定は、チュートリアルに沿って設定を。

Screenshot_20201128_063842

 

Screenshot_20201128_063927

 

Screenshot_20201128_063949

 

  • ロケールに「日本 - 日本語」、タイムゾーンに「Asia」「Tokyo」を指定する。(この指定で、リブート後は日本語になります。)

Screenshot_20201128_064040

 

  • ユーザ名とパスワード、rootのパスワードを指定する。

Screenshot_20201128_064126

 

Screenshot_20201128_204351

 

4)リブート

 

5)日本語フォントと日本語入力環境の設定

  • リブート後、以下の画面が表示されるので「ツール」をクリック。

_20201128_205058

 

  • 「MX パッケージインストーラー」をクリック

_20201128_205304

 

  • パッケージ「言語」を選択し、更に検索ワードに「japan」を入れてインストール対象を絞り込みます。そして、ibusのフォント以外にチェックを入れ(私はfcitx派なので。)、「インストール」をクリックします。

_20201128_205821

 

  • リブート後、「入力メソッドの設定」が以下の画像のようになっていれば、日本語の入力ができるようになります。(入力の切り替えは、「半角/全角」キー、もしくは「Ctrl」+「スペース」キー)

_20201128_212034

 

6)Virtualbox Guese Additions のインストール

  • 画面サイズの変更や共有フォルダーを設定するためにVirtualbox Guese Additions をインストールします。

20201128221111_800x644_scrot

 

  • VertualBoxのメニュー「Guese Additions CD イメージの挿入」をクリックしても自動的に実行されませんので、以下の画像のようにCLIを打ち込みます。

_20201128_221620

 

cd /media/ユーザー名/VBox_GAs_6.1.10/

sudo ./VBoxLinuxAdditions.run

 

7)共有フォルダーの設定

  • VirtualBoxのメニュー「共有フォルダー」を設定(私の場合:ホストOSの"/home/bigmoro/ダウンロード"を、ゲストOSの"share_vol"にマウント)

20201128-223027_20201129112201

 

  • 共有ホルダーは、ゲストOSから以下のように見えます。(デバイス"sf_share_vol")

_20201128_224339

 

  • 共有フォルダへのアクセスのために以下のコマンドを実行。

sudo gpasswd -a ユーザー名 vboxsf

 

手順は以上です。

 

なお、Firefoxのメニューを日本語化するには、Firefoxの設定メニューから言語に「日本語」を別途指定する必要がありました。

 

私は、最初、MX Linuxの日本語入力の設定において、UbuntuやLinux Mintと同じ感覚でfcitxとfcitx-mozcを個別にインストールしたことから、設定直後は日本語入力できたのに、リブートしたら日本語入力できないという問題が発生し、一度失敗してしまいました。

 

この記事が、誰かのお役に立てれば幸いです。うーん。やっぱり私個人はLinux Mintが好き。(#^^#)

 

 

« MOドライブってWindows 10,macOS Big Sur,Linux Mint 20で動作するのもあるが、Windows XPでしか動作しないものもあるので注意が必要。 | トップページ | 私のココログが27万アクセスを達成しました。皆様に感謝申し上げると共にこれからも精進しますね。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MOドライブってWindows 10,macOS Big Sur,Linux Mint 20で動作するのもあるが、Windows XPでしか動作しないものもあるので注意が必要。 | トップページ | 私のココログが27万アクセスを達成しました。皆様に感謝申し上げると共にこれからも精進しますね。 »

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク