« Google Analytics 4 (GA4) でユーザー属性(性別、年齢)が表示されない。ーココログではGoogle シグナルのデータ収集は無効で良いと思うー | トップページ | アペックスラジオ ハイパスフィルタ(HPF2050)とローパスフィルタ(LPF2050)を購入してみた »

2021年1月 2日 (土)

Microtelecom Perseus の周波数キャリブレーションの手順

Img_3111

 

SDR受信機である Microtelecom Perseus ですが、室温の変化等の影響により使用している間に周波数に若干のズレが生じます。

通常はあまり気にしなくても良い程度のズレですが、LSB,USB,DRMを受信する場合は周波数のキャリブレーション(校正)を行った方が良いと考えます。

Perseus の周波数キャリブレーションの手順は以下の通り。

1)5MHz、または、10MHzのWWVを受信します。例では、FREQUENCYに5.000.000(5MHz)を入力しました。

20210102-16

 

2)「TUNING」の「Center」ボタンをクリック。

202101021

 

3)「BW」の「0.8kHz」ボタンをクリック。この時、周波数スペクトルのピークが、センター(中央)からどの程度ズレているのか分かるはずです。

202101022

 

4)周波数スペクトルのピークをダブルクリックして、ピークをセンター(中央)に合わせます。例では、+87Hzズレていました。その後、「TUNING」の「Cal」ボタンを押します。

202101023

そして、以下の画像で示すようになっていればキャリブレーション成功です。(FREQUENCYの5.000.000(5MHz)とWWVの周波数スペクトルのピークは合致している。)

202101024

 



以上で手順は終了です。

 

ちなみに、上記手順終了後(周波数キャリブレーション後)、10MHzのWWVを受信しましたが周波数のズレは生じていません。(FREQUENCYの10.000.000(10MHz)とWWVの周波数スペクトルのピークは合致しています。)

20210102-21

 

なお、周波数キャリブレーションをリセット(解除)したい場合は、「TUNING」の「CalClr」ボタンを押してください。

 

« Google Analytics 4 (GA4) でユーザー属性(性別、年齢)が表示されない。ーココログではGoogle シグナルのデータ収集は無効で良いと思うー | トップページ | アペックスラジオ ハイパスフィルタ(HPF2050)とローパスフィルタ(LPF2050)を購入してみた »

BCL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Google Analytics 4 (GA4) でユーザー属性(性別、年齢)が表示されない。ーココログではGoogle シグナルのデータ収集は無効で良いと思うー | トップページ | アペックスラジオ ハイパスフィルタ(HPF2050)とローパスフィルタ(LPF2050)を購入してみた »

フォト
無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク