« LinuxのWineの文字化け対策。あなたはfakejapanese_ipamona?それともcjkfonts? | トップページ | DietPi v7 がリリースされたので、各種デスクトップ(LXDE,MATE,XFCE,LXQT)を試してみた。 »

2021年4月 6日 (火)

Linux MintのWineをWine 6.5(開発版)にアップデートしたらWindowsアプリケーションが起動しない? ー原因はstart.exeが存在するディレクトリー

20210405-110310

 

2021/04/30追記:

この問題は、Wine 6.7にて対策されました。

ーーーーーーー

 

先日(2021/03/26)、 Wine 6.5(開発版)がリリースされたので、早速、Linux Mint 20.1でWine6.5を使ってみたのですが、なぜかだか?Windowsアプリケーション(.exe)をダブルクリックしてもWindowsアプリケーションが起動しません。みなさんもお気づきでしたか?

そこで、この原因を調査するためにググってみたところ、以下の記事を見つけました。

wine start /unix stopped working in 6.5

 

この記事を読んでみると、原因はstart.exeが存在するディレクトリにあるとのことで、対策として以下のコマンドを実行すれば良いとのこと。

cp -a ~/.wine/drive_c/windows/command/start.exe ~/.wine/drive_c/windows/

知ってた?

実際に上記のcpコマンドを実行したところ、以下の画像に示すようにWindowsアプリケーション(.exe)をダブルクリックするとWindowsアプリケーションが起動するようになりました。(以下の画像は、Notepad++ のインストーラー(npp.7.9.5.Installer.exe)をダブルクリックしてインストーラーを起動させた様子です。なお、インストール後、Wine環境にてNotepad++ が動作することも確認済みです。)

20210405-114548

 

ちなみに、上の画像に"mono"と"gecko"のファイルをダウンロードした形跡がありますが、このことから、私がこの問題について如何に苦しんだか想像できると思います。だって、本原因に関する記事を直ぐに見つけることが出来なかったんだもん。

 

« LinuxのWineの文字化け対策。あなたはfakejapanese_ipamona?それともcjkfonts? | トップページ | DietPi v7 がリリースされたので、各種デスクトップ(LXDE,MATE,XFCE,LXQT)を試してみた。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LinuxのWineの文字化け対策。あなたはfakejapanese_ipamona?それともcjkfonts? | トップページ | DietPi v7 がリリースされたので、各種デスクトップ(LXDE,MATE,XFCE,LXQT)を試してみた。 »

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク