« 音楽データをNAS(I-O DATA HDL-AAX3)に集約させ、家のどこからでもRaspberry Pi(Volumio,KODI(OSMC or LibreELEC))で再生させちゃいましょう。 | トップページ | GPD Pocket(初代)のバッテリーが膨張していたので、バッテリーを取り外してみた。ついでに、OSを工場出荷時の状態にし、BIOSもアップデート。 »

2021年4月 9日 (金)

Volumio,KODI(OSMC or LibreELEC)の音楽ソースをリフレッシュ(削除と追加)する方法

先日、音楽データをNASに移したり、NASの共有ホルダーのアクセス権の設定をいろいろ弄ってテストしていたものですから、KODI(OSMC or LibreELEC)内の音楽ソースが増え続けてしまいました。そこで、そのままだと気持ちが悪いので、これらの音楽ソースを一度全部削除してライブラリを作成し直そうと(リフレッシュしたいと)考え、その手順をインターネットでググってみたのですが、なかなか私が思っている記事が見つからない。

そこで、私の体験談をVolumioの場合とKODI(OSMC or LibreELEC)の場合とに分け、備忘録として残すことにします。

 

<Volumio>

VolumioのGUIはすごくユーザーフレンドリーで分かりやすいです。

音楽ソースをリフレッシュ(削除と追加)する方法は、メニュー「設定」→「Sources」画面にて、以下の2ステップを実行します。

  1. 「ネットワークドライブ」で今まで使用していた共有フォルダーを「削除」(ゴミ箱の絵をクリック)
  2. 「新規のドライブを追加」で使用したい共有フォルダーを指定(マウント)

20210407-201126

新規のドライブを追加すると、自動的に「データベースをアップデート」が行われます。

 

<KODI(OSMC or LibreELEC)>

今回私を苦しめたのは、KODIです。

「ミュージック」→「ファイル」→「音楽ソース」を選択して該当の音楽ソースを削除しようと思ったのですが、私が持っているTVのリモコンが「サブメニュー」表示に対応していなかったことから約1時間悩んでしまいました。

具体的に話しますと、私が持っているTVのリモコンで「左」ボタンを押すと以下の画像のように「オプションメニュー」が表示されます。

Img_3674

 

この「オプションメニュー」では「ソースを取り除く」がありません。そこで、TVのリモコンの「右」ボタンを押してみたのですが反応なしです。ここから私の苦悩が始まります。みなさんはもうお気づきですよね? マウスで右クリックするかYatseアプリといったコントロールソフトを使わないと「サブメニュー」は表示されないのです。私がTVのリモコンを使っている限りここで詰みです。(ちなみに、Yatseアプリでは以下の画像の赤枠で囲った部分をタップすると「サブメニュー」が表示されます。)

Screenshot_20210407_204434_orgleetzonean

 

これって、常識なんですかね?

話の滑り出し部分が長くなったので本題へと戻ります。以下の手順は全てYatseアプリを使って作業しましたのでご承知おきください。また、手順で使用している画面はOSMCです。LibreELECの場合は、GUIが少し異なりますが手順はOSMCと同じです。

1)「ミュージック」→「ファイル」にて削除したい音楽ソースを選択して、「サブメニュー」を表示させます。次に「サブメニュー」にて「ソースを取り除く」を選択します。なお、その後の削除手順は簡単なので割愛します。ライブラリ全体を削除したい場合は、この手順を全ての音楽ソースに対して実行します。

Img_3675

 

2)ここからは音楽ソースの追加手順となります。まず、「ミュージック」→「ファイル」→「ミュージックを追加…」を選択

Img_3683

 

3)「パスを入力するかメディアの場所を参照」→「参照」を選択

Img_3684

 

4)「ネットワーク上の場所を追加…」を選択

Img_3685

 

5)NASの共有フォルダーは「Microsoftネットワーク共有」を指定しておりますので、「プロトコル」に「 Windowsネットワーク(SMB)」、「サーバー名」にIPアドレス、「共有フォルダ」にNASで作成した共有フォルダー名を指定し「OK」を選択。(私の場合、現在、共有フォルダーがフルコントロールなので、「ユーザ名」「パスワード」は指定しておりません。共有フォルダーにアクセス権を設定している場合は、適宜指定してください。)

Img_3686

 

6)NASの共有フォルダーを選択。

Img_3687

 

7)ディレクトリを指定して「OK」を選択(私は、共有フォルダーのルートのまま「OK」を選択しました。)

Img_3688

 

8)「パスを入力するかメディアの場所を参照」の内容を最終確認して「OK」を選択

Img_3689

 

9)「ライブラリにこのソースからメディアを追加しますか?」に対し「OK」を選択

Img_3690

 

追加したい音楽ソースが複数ある場合は、手順2)から手順9)を繰り返します。

以上がKODI(OSMC or LibreELEC)で音楽ソースをリフレッシュ(削除と追加)する方法でした。

 

Raspberry PiによるVolumio,KODI(OSMC or LibreELEC)の活用方法に興味があられるなら、以下の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

音楽データをNAS(I-O DATA HDL-AAX3)に集約させ、家のどこからでもRaspberry Pi(Volumio,KODI(OSMC or LibreELEC))で再生させちゃいましょう。

 

 

« 音楽データをNAS(I-O DATA HDL-AAX3)に集約させ、家のどこからでもRaspberry Pi(Volumio,KODI(OSMC or LibreELEC))で再生させちゃいましょう。 | トップページ | GPD Pocket(初代)のバッテリーが膨張していたので、バッテリーを取り外してみた。ついでに、OSを工場出荷時の状態にし、BIOSもアップデート。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

参照して「共有出来ません」とか「サーバーが無い」のは「マスターブラウザ」の障害です。
最近のアップデートで「古い認証が廃止」されて「WIN7がマスターブラウザに成れなく成った」みたいです。
よってネットワークにはマイクロソフト製OSのPCしか「表示されない」となりプレイヤーも「参照できない」と成る。
解決法は「古い認証を許容するサーバー」に「マスターブラウザを担わせる」が良いと思います。
参考URL
https://web.mit.edu/rhel-doc/4/RH-DOCS/rhel-rg-ja-4/s1-samba-network-browsing.html
「ドメインマスターブラウザ」をSAMBAサーバーで起動させればOKなのです。

簡単な方法はFreeNASにマスターブラウザを設定する事によりNASがPCとして認識する事が出来ます。
SMB設定の補助パラメーターに以下の4行を記述して再起動するだけで簡単です。

domain master = Yes
local master = Yes
preferred master = Yes
os level = 35

本来はNASやメディアプレイヤーが「ケルベロス認証」に対応すれば問題無いのですが仕方無いですよね。

robocatさん、初めまして。また、コメントありがとうございます。
提案された内容については、私、初めて知りました。なので、今後のノウハウとして活用したいと思います。
今後もこのブログをご贔屓にしていただけたなら幸いです。(最近、更新していませんが。。。草)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽データをNAS(I-O DATA HDL-AAX3)に集約させ、家のどこからでもRaspberry Pi(Volumio,KODI(OSMC or LibreELEC))で再生させちゃいましょう。 | トップページ | GPD Pocket(初代)のバッテリーが膨張していたので、バッテリーを取り外してみた。ついでに、OSを工場出荷時の状態にし、BIOSもアップデート。 »

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク