住まい・インテリア

2021年3月29日 (月)

サンワサプライ True Wireless Headset 400-BTTWS4BKを使ってみた。ー私の環境では音の遅延が気になります。ー

Img_3628

 

先日、サンワサプライの「True Wireless Headset 400-BTTWS4BK」を購入しましたので、早速使ってみました。

ちなみに、この商品はオープンイヤーのBluetoothワイヤレスヘッドセットとBluetoothトランスミッターをセットにした物で、Bluetoothが無いTVでもTVの音声をイヤホンにBluetoothで飛ばしてくれるという便利な商品です。

この商品を購入しようと思ったきっかけは、欅坂のラストライブのBlu-rayを大音量で聴きたかったから。また、その場合、近所迷惑とならないように今までは有線の(3.5mmオーディオケーブルの)オーバーヘッドバンドタイプのヘッドホンを使っていたのですが、有線って意外と取り回しが悪いと(不自由だと)常々感じていたからです。

この商品に関する詳細は以下の公式サイトを見ていただくとして、私が数日使った感想を述べますね。

https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-BTTWS4BK

 

まず、この商品の箱を開封して最初に驚いたことは(失敗したことは)、「AC充電器」が同梱されていないということ。そりゃ、商品の公式サイトをよく読まなかった私が悪いのですが、普通同梱されるもんだと完全に思い込んでおりました。

「AC充電器」が付属していなかった事には少しマイナス点が付きますが、付属ケーブルに関しては充分に配慮されておりますね。以下の4つが同梱されております。

  • 3.5mmオーディオケーブル
  • アナログ変換ケーブル(RCA赤白入力)
  • 光デジタルケーブル
  • USBケーブル(PC入力 or 電源入力:入力側がType-A,本体側がType-C)

入力は、背面に以下の画像のように配置されております。左から

  • USB入力(PC入力 or 電源入力:入力側がType-A,本体側がType-C)
  • 3.5mm AUX音声入力
  • 光デジタル入力

その次は

  • 電源ボタン
  • MFBボタン

です。

Img_3630

 

イヤホンは、以下の画像で示すようにオープンイヤー型です。見た目はSONYのハイレゾ対応のイヤホンと比べてしまうとチープ感は否めませんが、長くつけていても疲れにくいです。また、周りの音も適度に聴こえるので急に宅配便が来ても大丈夫。

Img_3636

 

BluetoothワイヤレスヘッドセットとBluetoothトランスミッターのペアリングはとっても簡単で、以下の3ステップ。

  1. Bluetoothトランスミッターの電源スイッチをON
  2. BluetoothワイヤレスヘッドセットをBluetoothトランスミッターから取り出す(外す)
  3. Bluetoothトランスミッターの背面にあるMFBボタンを長押し

 

公式サイトでは「音声の同時出力設定」が紹介されておりますが、私の環境では(TVが東芝REGZA REGZA-40J7では)「音声の同時出力設定」(「音声設定」→「ヘッドホーンモード」→「親切モード」)にすると、ヘッドホン側の音声とTV側の音声とで若干の遅延が生じております。なので、音楽番組なら気になりませんがニュース番組とか聞いているとエコーがかかったように聴こえます。そのため、私がこの商品を使う場合は、以下の画像のように「AVシステムのスピーカーで聴く」(ヘッドホン側の音声のみ)にしております。

Img_3635

 

したがって、リビングにて家族団欒でTVを見る場合を想定すると残念な結果になっておりますが、この問題がある方は遅延が少ない「aptX LL対応のヘッドホンを買え。」って事なんでしょうかね?

まぁ、私の場合は「1人で欅坂のラストライブのBlu-rayを大音量で聴きたい。」という事だったので、その役割を果たしているという事は言えます。また、この商品を使うことで「Amazon musicを聴きながら何らかの作業をする」といった生活スタイルが私の中で定着しつつあります。ワイヤレスだからこそできることだよね。

最後にこの商品のサイズ感ですが、Raspberry Pi 4と並べると以下の画像のような感じです。w

Img_3637

 

2020年2月22日 (土)

東芝の液晶テレビREGZA(REGZA-40J7)の電源を入れても画面が真っ黒のまま?

Img_2347

 

最近、どういう訳だか私が所有している東芝の液晶テレビREGZA(REGZA-40J7)で、TVの電源を入れても画面が真っ黒のままになる(待機状態から回復しない)現象がたまに発生します。
ちなみに、現時点(2/22)でのTVのソフトウェアバージョンは、最新の「T48-0174DD 3D3-09」になっているのですが、どうしてなんでしょう?

 

多分、多分ね。

トリガー(発生条件)は「節電モード」の設定だと思うのですが、確証はないです。

現時点での「節電モード」の設定は、以下の画像のように

  • 無操作自動電源オフ:待機にする
  • オンエアー無信号オフ:待機にする

になっているのですが、これらの設定を「動作しない」にすれば、この現象は発生しないと思うんだけど、そうしちゃうと、TVつけっぱなしで寝落ちした時とかスリープしない(待機状態にならない)ので電気代が気になるところ。

Img_2348

 

そこで、この現象に陥った場合の回復手順を以下にまとめてみました。

※注意:以下の手順は私の経験から導いたものです。正しい手順はメーカーに確認してね。

  1. テレビ側面の電源ボタンを長押ししてTVをリセットします。(電源ボタンが点滅します。)
  2. 1.の手順で回復しない場合は、1.の手順を数回繰り返します。
  3. それでもダメなら、TVに繋がっている全てのHDMIケーブルを外して、1の手順を行います。
  4. それでもダメなら、TVの電源コンセントを抜いて完全に電源をOFFにします。その後、電源コンセントを差し込んで1.の手順を行います。

私は今まで、この手順で回復できていますが、上記の手順を実施する場合は個人責任ということでお願いします。私はいかなる責任も負いません。

 

2017年4月10日 (月)

Amazon Fire TV Stickが我が家にも来た!!

Img_1946

 

ついに!我が家にも「Amazon Fire TV Stick」が、来たーーーーーーーっ!ヽ(´▽`)/

確か?予約したのが2月頃だったような気がするが、おととい到着。

 

最初は、「TVにストリーミングって画像悪いんでしょ!」という気持ちと、「本体の動作がモタつく」とか「本体がすごく熱くなる」とかのマイナスイメージの噂を聞いていたので購入を躊躇していたのですが、第二世代(New Model)とかなると違うね!

画像も綺麗だし、動作もモタつかない。熱も全然気にならない。

802.11ac MIMO Wifi 対応なのでストレス無し。(この環境じゃないと、ストレスを感じるのかもしれないけど。)

とにかく我が家では、問題無し。

設定も簡単で、あっという間でした。(もちろん、Wifi環境とAmazonのアカウントを持っていることが前提ね。)

 

でね、でね、TBSドラマ「ハンチョウ~神南署安積班~」を連続再生中。www
(ラストは、いつもウルウルしちゃう。蔵之介さんが素敵!)

 

唯一、こいつの欠点と言ったら、我が家のTVに接続すると逆さまになることかな。Σ( ̄ロ ̄lll)

Img_1947

 

 

2016年6月 9日 (木)

snow peak(スノーピーク)のアルミ蚊取り豚が。。。可愛い。

Img_1508

 

snow peak(スノーピーク)の雪峰祭 2016 -春- 限定 商品「アルミ蚊取り豚」。

あまりにも可愛いので、買っちゃいました!!

なんか、よくない?

 

これ買ったら、店長が「キンチョー(KINCHO)の蚊取り線香」をくれたので、

Img_1509

 

早速、豚ちゃんにこれを食べさせてみたら、可愛い!可愛すぎる。

Img_1510

 

あっ、ちなみに私は太専です。

 

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク