携帯・デジカメ

2021年7月26日 (月)

iOS 14.7 にアップデートしたらiPhoneのミュージックにiTunes Storeで購入した曲が消えた?(iTunes Matchを含む) ーミュージックにiTunes Storeで購入した曲を表示させる方法ー

Img_3779

 

先日(2021/07/20)公開されたiOS 14.7を私が所有するiPhone 8に適応したところ(アップデートしたところ)、iPhoneのアプリ「ミュージック」にてiTunes Storeで購入した曲が表示されない(消えた?)という現象が発生しました。ちなみに、CDからiTunesへインポートした曲(iTunes Matchで同期していた筈の曲)も表示されなくなりました。謎?

そこで、iPhoneのアプリ「ミュージック」の設定を確認したところ、なぜだか「ライブラリを同期」がOFFになっておりました。もちろん私は設定を変更した覚えがありません。

ただし、ググっても同様の現象の報告が無いのと、iPadOS 14.7では再現しないため、私の環境にてたまたま発生したのかもしれません。もし、同様の問題でお困りならば以下の手順を試してみてください。

 

1)「設定」(歯車のアイコン)→「ミュージック」をタップ。

2)「ライブラリを同期」をONにする。(私の場合、APPLE MUSICを使用していないので「Apple Musicを表示」をOFFにしております。デフォルトはONです。)

Img_3776

 

「ライブラリを同期」をONにしたら、以下の画像のようにiTunes Storeで購入した曲が(iTunes Matchで同期していた筈の曲も)表示されます。

Img_3777

 

それにしても、今回の件は気味が悪いですよね? 私だけ?? ほんと???

 

 

2021年4月22日 (木)

Appleのサポートを通じて(「Appleへ製品を送る」を利用して)Beats X のバッテリー交換を行ってみた。 ーMacやiPhone等の修理の場合も手続きの流れは基本的に同じー

20210415-170324

約2年前に購入したbluetoothイヤフォンの”Beats X"が、最近、フル充電しても1時間くらいしか使えない(保たない)ようになってしまいました。この原因については、約2年間使ってきたのでバッテリーが「そろそろ寿命かな?」と判断しました。(”Beats X"は、バッテリーのサイズも小さいしね。 )

そこで、先日、新しく”Beats X"の後継機である”Beats Flex"を購入。

一応、”Beats Flex" を購入することにより”Beats X"のバッテリーの問題に対応できたので、それはそれで構わないのですが、その後、”Beats X"に関する情報をググっていたら、「Appleのサポートにて、まだ”Beats X"のサポートを行っている。」という記事を発見。

「そうか。そうだったのか!」

今回の記事は、Appleのサポートを通じて(「Appleへ製品を送る」を利用して)"Beats X"のバッテリー交換を実際に行ってみましたので、その時の体験談を。

 

<修理手続きの流れ>

1)Appleサポートの公式サイト https://support.apple.com/ja-jp をアクセスし、下へスクロールすると「お問い合わせ」の中に"こちらから >"というリンクがあるので、そこをクリックします。

20210421-174825

20210421-174857

2)”Beats X"の場合は「もっと見る」をクリック

20210421-174948

3)”Beats X"の場合は「Beats by Dre」をクリック 

20210421-175021

4)今回はバッテリーの交換依頼なので「バッテリー、電源、充電」をクリック

20210421-175042

5)今回のように、原因やその対策方法(修理方法)が明確な場合は「電話で修理手続き」がスムーズだと思います。電話がなかなか繋がらない場合や、ちょっとした修理に関する問い合わせであれば「チャットで修理手続き」を選択しても良いと思います。

20210421-175112

6)Appleのサポートのオペレータに修理を依頼します。今回の修理の場合は以下のような流れでした。

  1. 修理対象商品のシリアル番号の確認(”Beats X"のシリアル番号が小さすぎて、老眼の私では読めん。w)
  2. 現象の説明(バッテリーをフル充電しても1時間くらいしか保たない。)
  3. 機器リセットの提案(「機器リセットは試していないが、もう、2年も経っているからバッテリーの交換でお願いします。」とお願い。)
  4. 後継機購入の提案(もう、購入済みと回答)
  5. 保証の確認と金額の提示(保証期間切れ。提示金額で了承)
  6. 集荷日の予約
  7. 入金(クレジットカードにて入金)

7)集荷。本体のみ運送業者へ渡します。(事前にイヤーキャップは外すようにと言われました。)

8)修理された商品の受け取り。(今回は、集荷から修理された商品の受け取りまで約1週間でした、)

 

以上が修理手続きの流れです。

今回かかった金額は見積もり通りの金額でした。(昔、MacBook Proを修理に出した時は、故障箇所が複数見つかって見積以上の金額になったことがありましたが。)

20210421-70131

 

”Beats X"のバッテリー交換の場合は部品の交換ではなくヘッドフォン本体の交換となります。ちなみに届いた交換品はこんな感じでした。(無地の箱で届きます。もちろんシリアル番号も変わります。)

Img_3727

 

MacやiPhone等の修理の場合も手続きの流れは基本的に同じです。( 修理手続き2)にて選択する商品が異なるだけです。)ただし、修理品によって細かな手順が異なりますのでご注意ください。(例えば、iPhoneの場合は、データのバックアップ、「iMessage」をオフ、「[デバイス] を探す」をオフ...etc.が必要となります。)

また、Appleのサポートの公式サイトの表示や修理手続きの流れはその都度変わっていきますので、修理に出す場合はAppleが提示する最新の情報に従ってくださいね。

 

 

2020年6月 1日 (月)

意外な落とし穴? 昔、iTunesで購入したミュージックビデオが再生できないという話。

20200531-155724

昔、iTunesで購入した筈のミュージックビデオが再生できないこともあるという話。

 

iTunesにてミュージックビデオが購入できることは、皆さんご存知だと思いますが、ミュージックビデオのアイコンが以下の画像のようになっていて、

20191213-152704

 

この状態のアイコンをクリックしても、以下の画像のように「このアイテムは現在一時的にご利用になれません。」というメッセージが出て、ミュージックビデオが再生できない。(ダウンロードもできない。)

20191213-153325

 

ちなみにiPhone(iOS)の場合は、以下の画像のように「このアイテムは利用できなくなりました。」というメッセージが表示されます。

Img_2647

 

購入履歴(メニュー「アカウント」→「マイアカウントを表示...」→「購入履歴」→「すべてを見る」)を見ると、以下のように確かにこのアイテムを購入しているのだが。なぜ?

20200531-170622

 

そこで、Appleのサポートに聞いたところ、「このコンテンツは、現在、使用できなくなりました。ダウンロードもできませんし、返金にも応じられません。」と。さすがAppleらしい回答。

 

明確な回答はいただけませんでしたが、権利関係とかあるんじゃないかと?

 

で、身を守る方法としては、購入したミュージックビデオは、必ずiCloud Drive等にバックアップしておいた方が良さそうです。

 

まぁ、それにしても、コンテンツが使用できなくなる直前にアラートを上げるくらいのことはして欲しいと。ねぇ。

 

2019年10月 4日 (金)

iPhoneのモバイルSuicaにログインできない。パスワード再発行のメールが届かない。

Img_3762

 

2021/06/08追記:

本記事の内容が掲載時(2019/10/4)の古い情報のため、「サブメールアドレス」の設定方法を追記しておきます。

1)SuicaのTOP画面にある「アカウント設定」(冒頭の画像の矢印で指している人物のアイコン)をタップ。

2)「アカウント設定」の「基本情報」をタップ。

Img_3763

 

3)「基本情報」の「サブメールアドレス」をタップして、サブメールアドレスを設定します。私の場合はGmailのメールアドレスを設定しました。(ちなみに、私が持っているメールアドレスではGmailしか登録できませんでした。)

Img_3764

 

ーーーーー

 

先日、iOSのバージョンを12.xから13.xにバージョンアップしたからなのか?

はたまた、

モバイルSuicaのアプリを2.4.0から2.5.0にバージョンアップしたからなのか?

 

原因は不明なのですが、突然、モバイルSuicaにログインできなくなるという問題が発生???

何でぇ〜。

 

そこで、ググってみると、その対策としては「パスワードの再発行」をすれば良いらしい。

以下は、私の経験談です。

 

1.トップ画面の「パスワードを忘れた方」をタップ。

Img_2063

 

2.「次へ」をタップ。

Img_2064

 

3.Suicaアプリケーションに登録しているメールアドレスを指定し、「会員登録しているメールアドレスに送信する」にチェックを入れます。そして、メールを受け取る機種に「現在操作している端末」を指定し、「次へ」をタップ。

Img_2066

 

4.「申し込む」をタップ。

Img_2067

 

5.すると、以下のようにパスワード再発行(再登録)ページのURLを指定のメールアドレスへ送信した旨の画面が表示されます。

Img_2068

 

しかしながら私の場合、上記画面は表示されたものの、いつまで待ってもパスワード再発行のメールが届きません。

 

Appleユーザーの場合(多くのiPhoneユーザーは)、ドメイン "@mac.com" のメールアドレスを指定していると思うのですが、どうも、このドメインのメールサーバーは、 "info@mobilesuica.com" のメールを受け付けないらしい。分からんけど?

 

でも、ここで慌ててはいけません。

再度、前述の1.からやり直して、3.にて以下の画像のように「会員登録のメールアドレスとは異なるメールアドレスに送信する」にチェックを入れ、別のメールアドレスを試してみてください。

Img_2069

 

私の場合は、ドメイン"@nifty.com"のメールアドレスにしたらパスワード再発行のメールが届きました。

 

この後の手順は、

6.パスワード再発行のメール本文のURLをクリック

7.「Suicaアプリ起動」をタップ。

8.氏名、生年月日、郵便番号、秘密の質問の答えを記入し「次へ」をタップ。

9.入力内容を確認して「次へ」をタップ。

10.新しいSuicaパスワードを入力して「再登録する」をタップ。

11.「TOP」をタップ。

12.新しいSuicaパスワードを入力してログイン。

 

すると、できましたよ! 無事ログインできるように。よかったよかった!!

(秘密の質問の答えがなかなか思い出せなくて、詰みそうにはなりましたが。w)

 

でもさぁ、キャッシュレス決済を政府は推進しているとのことだけど、ITリテラシーが低い方とか年配の方とか、上記の解決方法まで辿り着けるんやろうかねぇ???

 

そうそう、モバイルSuicaでポイント還元を受けるためには、事前登録が必要って知ってました?

私ゃ、10/1の夜のニュースをたまたま観てて初めて知ったわよ。 プンプン。

 

 

2019年6月 6日 (木)

Nikon D850でSnapBridgeを使ってみた。

Img_1256

 

SnapBridgeとは、Nikonのカメラ(Bluetooth搭載機)で撮った写真を、撮った瞬間からスマホに転送(保存)してくれるアプリ(機能)です。(自動連携)

また、SnapBridge には、スマホに転送した写真をシームレスにNIKON IMAGE SPACE(オンラインストレージ)へ転送する機能もあります。

詳細は、Nikonのサイトをご覧ください。

 

私の場合、画質モードをRAW(バックアップ記録)にしていたこともあって、今までSnapBridgeを使っておりませんでした。

 

なので、ブログに写真を掲載する場合は、

  1. PCとカメラを接続
  2. Nikon Transfer 2にてPCへ写真データの転送(取り込み)
  3. ViewNX-iにて写真を選択し、写真のRAWファイルをJPEGに変換。
  4. サイズ縮小をして、ブログにアップ。

という手順(自宅作用)を踏んでいたのですが、

SnapBridgeを使用すると

  1. 「写真」アプリから写真を選択し、ブログにアップ。

と、スマホ内で完結しちゃいます。

 

と言う訳で、旅先の感動をいち早く友達と共有したい場合、SnapBridgeはとても便利です。

もちろん、ブログだけでなくいろんなSNS(Twitter,インスタ)との連携も可能です。

 

あっ、大事なことを言い忘れておりました。

自動連携では、RAWファイルとTIFFファイルは転送できません。

なので私は現在、D850の画質モードをRAW+FINE★(JPEG)にしています。

(※動画の転送については、Nikonのサイトを見てください。)

 

最後に、参考としてSnapBridgeのスクリーンショットを載せておきますね。

  • ペアリング後のメイン画面

Img_1251

 

  • 自動連携にて転送された写真の確認画面

Img_1252

 

 

2019年4月 7日 (日)

私のNikon D850の静止画撮影メニュー設定一覧

Img_0904

 

今日は、天候がイマイチ。

午後からは、部屋で映画でも観ようかと。

 

そんなアンニュイな午後、ブログのネタになるようなことは起きそうもない。

なので、皆さんには興味がない話かと思いますが、今回は、私がNikon D850の静止画撮影メニューに何を設定しているかを、備忘録の意味も含めて記述しておこうかと。

Img_0901

 

<Nikon D850の静止画撮影メニュー>

  • 主スロットの選択:XQD
  • 副スロットの機能:バックアップ記録 RAW+JPEG分割記録
  • 撮像範囲:FX(36×24)
  • 画質モード:RAW RAW+FINE★
  • 画像サイズ:RAW L , JPEG L
  • RAW記録:圧縮方式:ロスレス圧縮RAW,記録ビットモード:14-bit
  • ISO感度設定:ISO感度:100,感度自動制御:ON
  • ホワイトバランス:AUTO0
  • ピクチャーコントロール:オート
  • 長時間時ノイズ低減:ON
  • 高感度ノイズ低減:標準
  • ヴィネットコントロール:標準
  • 自動ゆがみ補正:ON
  • フリッカー低減機能:ON

<その他>

  • AFの設定:AF-C,AUTO
  • レリーズーモード:C-L
  • 測光モード:中央部重点測光
  • 露出モード:絞り優先オート

 

ちなみに、私が持っているNikon D5やNikon Dfも基本は同じ設定です。

ただし、Nikon Dfでは、設定出来ないメニューがあります。また、測光モードはマルチパターン測光がデフォルトです。

 

2019は、全国の神社を撮影に行きたいなぁ。

 

 

2018年10月28日 (日)

有効画素数4575万画素は正義 〜Nikon D850のお話〜

先日の満月の時、私は月を撮ろうと思ったのだが、私は、天体写真を撮った経験もないし、天体望遠鏡(専用レンズ)も持っていない。

さらには、この寒空にデカイ三脚を持って山などへ行きたくはないダメ人間が私。

なので、私が持っている最大の長球の

 

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED

 

と最大画素数を持つ

 

Nikon D850

 

で、どこまで撮れるのかチャレンジしてみました。

 

撮った結果がこれで、

Dsc_0195

 

ちっちゃい!!!

 

これを目一杯クロップしてみると

Dsc_0195_01

 

おう!

ブログ等に掲載するには十分じゃないでしょうか。

さすが、有効画素数4575万画素。

 

ただ、RAWデータの容量は当然デカくなるし、編集はMacBook Proでもストレスを感じますけどね。∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

 

2018年9月 2日 (日)

ちょい出のためにVANGUARD カメラバッグ ALTA ACCESS 33Xを

私は、カメラバックとしてNikon×MILLET アイガーグレッチャー 33 を愛用していることは、先の記事「最近愛用のカメラバッグ Nikon×MILLET アイガーグレッチャー 33 」に書いておりますが、やっぱりね、夕方の散歩の時にあのカメラバッグだと、「いかにも、撮りまっせ!」って感が半端ないので、以下のカメラバッグを購入しました。

 

Img_0537

 

VANGUARD カメラバッグ ALTA ACCESS 33X

 

です。

 

私の場合、Nikon D850にバッテリーパックを装着しておりますので、このカメラバッグがジャストサイズです。

Img_0539

 

広角or標準の単焦点レンズやズームレンズなら2、3本軽く入ります。
(長玉は無理ですが。)

Img_0538

 

記録媒体の仕分けポケットとか地味に便利です。

Img_0540

 

PC収納エリアもあり、先日購入したSurface Goだとこんな感じです。
小さいは正義やー!(13インチまでのラップトップor10インチまでのタブレットが入るとのこと。)

Img_0541

 

突然のゲリラ豪雨にあってもレインカバーが付属しておりますので安心です。
(過信は禁物ですが。)

 

サイズ感は

Img_0546

 

こんな感じです。(分かりずらいですかね。)

 

Nikon D5やNikon D850+バッテリーパックのサイズとなると、これより小さいサイズでは厳しいかなと。

まぁ、一つのバッグで全てを賄える物はないことは確かです。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

 

 

2018年8月 9日 (木)

beatsX 〜イヤフォンジャックの復活を望む俺〜

Img_0481

 

今更ですが、携帯をiPhone8に変えて私の生活スタイルに影響を及ぼしたのが、イヤフォンの問題。

あの、ダサい変換ケーブルをつけて外出先で音楽を聴きたくないので、bluetoothイヤフォンの”beatsX"を購入しました。

低音が心地よくて、マグネット式のイヤーパッドも首にくくりつけておくのに便利。

 

ただね、充電中に使用することができないのと、あと、これは自分が注意すれば良いことなんだけど、「いざ!」っていう時にバッテリーの残量が無い。(涙

 

ワイヤレスが良い面もありますが、イヤフォンジャックは復活してくれんのやろうか?

 

私には、

Img_0482

 

このスタイルがいいんです。

 

 

2018年7月 8日 (日)

梅雨時なのでHAKUBAの防湿庫(KDE-100)を買ったというお話。

Img_0418

 

昔。そう、時代は1980年代前半の頃。巷では、バブル期を迎えようとした時代。

私はNikonのレンズをドライボックス&乾燥剤で保管していたのですが、毎年、Nikonのサービス点検に出すと、レンズのうち1本くらいは、肉眼では気づかないくらいのカビの発生が発見され、その都度、カビ除去の修理に出すということを繰り返していたのですが、それを見かねたカメラ屋の店長が「毎年、数万の修理代を出すくらいなら、いっそ、防湿庫を買ったら?」と。

 

ふむふむ、乾燥剤を乾かす方式なので毎月の電気代もわずかだし、数年は使えるとのこと。

そこで当時、いくらだったか正確に覚えていないんだけど、この東芝のDC-87を購入しました。

この防湿庫、購入後30年以上経っておりますが今でも正常に動作しており、この防湿庫を買ってからというもの、レンズにカビを生やすことは無くなりました。

 

そして、さらに月日は流れて、昨日、HAKUBAの防湿庫KDE-100を買い足しました。

Img_0419

 

理由は、デジタルカメラ本体+デジタルカメラ用レンズが増えてきたため、DC-87では手狭になったから。
(フィルム時代のカメラ本体+フィルム時代のレンズを処分すればいいのですが、Nikon F3とかNikon F4sとか思い入れもあるし、捨てられない。)

また、KDE-100を選択した理由は、リーズナブルでネットでも評判がよかったからです。(東洋リビング製は、ちょっとお高い。)

Img_0420

 

湿度も40%程度をキープしてくれていますので、大丈夫かと。

 

難点を挙げるとするなら、棚がスチール製なので、カメラを取り出す際にペンタ部を上の棚(スチール部)にぶつける事が多いですね。棚に敷くマットはあるんですが、できれば棚は丈夫な樹脂製にして欲しかったです。

まぁ、防湿庫からカメラを取り出す際に慎重をきたせば大丈夫かな。

 

あと、開閉扉は2つ(2段)にして欲しかったかな。扉が一つなので、扉を開けるとすぐに湿度が変化しちゃいます。

 

そうそう、KDE-100(100ℓ)でも、すぐに満杯になりました。www

梱包サイズは、こんなに大きいのにね。

Img_0421

 

サイズ感がわかるように、右下にRaspberry Pi3 MODEL Bを置いてみました。

あっ、冗談です。ボケただけなので怒らないでくださいね。m(_ _)m

 

 

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク