文化・芸術

2019年9月 7日 (土)

舞台「サザエさん」 〜日向坂46 齊藤京子のワカメちゃん〜

Img_1868

 

9月5日は、きょんこ(齊藤京子)の誕生日。(ということは、後から知ったんですけどね。w)

 

9月5日、舞台「サザエさん」を観に明治座へ行ってきました。

 

もちろんお目当ては、日向坂46のきょんこ(齊藤京子)のワカメちゃん。

Img_1869

 

そうね、「サザエさん」の世界観を楽しんできました。

きょんこのワカメちゃんも「昭和」って感じが滲み出ていて、かつ、原作のイメージを守っていて、私は非常に満足しました。

カツオはイケメンになっちゃってましたけど。w

 

穴子さんは、アニメの世界からそのまんま出てきた感じ。

花沢さんの「磯野くーん!」も。(私には、どうしてもパリピちゃんのイメージが強いんだけど。)

 

舞台「サザエさん」を観ていて、「家族って難しいこともあるけど、大事だよなぁ。」ってこととか、「そういえば、うちで飼っていた猫も家族だったなぁ。」ってこととか、色々思い出しましたね。

 

この、令和ではなくなりつつある「昭和の家族」が、「サザエさん」では不変なところがいいよね。

 

<おまけ>

今回、横浜に泊まっていたので、こんな写真でも。

Img_1884

 

Img_1882

 

「ザ・ヨコハマ!」って感じしない?

 

 

2019年3月28日 (木)

キャラメルボックス 2019 スプリングツアー 「スロウハイツの神様」

Img_0863

 

一昨日(3/26)、

キャラメルボックス 2019 スプリングツアー 「スロウハイツの神様」

を観にサンシャイン劇場へ行ってきました。

 

いやー

泣いたね。

泣きましたね。

 

前半は、「コーキの天使は誰か?」とか、「コウちゃんの執筆の邪魔(模倣)するヤツは誰か?」とか、ミステリー的な要素もありつつ、後半は、環と桃花姉妹の生い立ちのシーンからの、畳み掛けるようなような伏線の回収。

 

コーキの天使が分かった時点で私の涙は溢れそうだったのに、ストーリー序盤のパーティーシーンで、公輝を環に紹介した時、なぜ、公輝は「お久しぶりです。」と言ったのか?全ての謎が解けたとき、私の涙のダムが決壊!

号泣!!

 

そして、ラストシーンでの環とコウちゃんを見た時、なんと言ったら良いのだろうか?

なんか、とても気持ちがいい風が私の心を通って行きました。

Img_0848

 

ちなみに今回の公演は、東京公演が3/31まで、大阪公演が4/5〜4/7までです。

 

多くの人に観てもらいたい演劇です。

観終わった後、「ヤバイ!」って言葉が出ますよ。ほんと。

 

 

2018年12月21日 (金)

キャラメルボックス 2018 クリスマスツアー「リトル・ドラマー・ボーイ」

クリスマスといえば、私は、キャラメルボックスのクリスマスツアーの観劇が毎年の恒例行事だったんですが、九州に引っ越してからは、なかなかねぇ。

でも、今年は5年ぶりに(多分?)渋谷のサンシャイン劇場へ。

Img_0676

 

2018年のクリスマスツアーの舞台は、

 

「リトル・ドラマー・ボーイ」

 

今年の舞台もクリスマスツアーっぽく、観た後は心があったかくなる舞台でした。

 

平成最後となるクリスマスツアーだからか?わかりませんが、十文字誠(阿部丈二)の昭和ネタが面白くて。

後、ストーリーの大部分は、過去と現在の時間軸が平行に進行するのですが、それが一致した時の感動というのか、衝撃というのか、こういう風に繋がるんだね。っていう。

悲しいシーンもあるんですが、クリスマスの奇跡って言うんですかね?

最後は、人の優しさとか思いやりとかに包まれたような気分に。

 

良かったです。

Img_0686

 

皆さんも素敵なクリスマスを。

 

メリークリスマス!!!

 

2018年9月28日 (金)

ORANGE@シアターサンモール ~観てもらいたい演劇があるんです。~

20180927_145727626_ios_2

 

おっ、日付が変わってしまった。

ということで昨日の事になりますが、theater PEOPLE PURPLEの「ORANGE」を観にシアターサンモールへ行ってきました。

 

もう、
涙、涙。

 

嗚咽です。

 

この作品は、昔、一度観ているのでストーリーも(結末も)分かっているのに。

肋骨を骨折しているにもかかわらず、九州からの交通費や時間を考えたらあれですが、でも、その価値はあったと。

来てよかった!!

 

ホント、心からそう思う。

 

もう、千秋楽のチケットは完売らしいのですが、今日と明日の当日券はあるとのこと。

良い作品なので多くの人に観てもらいたいなぁ。

20180927_121136686_ios_2

 

2017年9月 3日 (日)

鎌塚氏、腹におさめる 〜二階堂ふみちゃんが可愛い〜

Img_2171

 

昨日は、久々に観劇へ。

M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、腹におさめる」を観に、サンケイホールブリーゼへ行ってきました。

 

「鎌塚氏シリーズ」は、前作「鎌塚氏、振り下ろす」以来だから、三年ぶり?

今回もヒロインは、ともさかりえさんだと思っていたんですが、なんと!あの二階堂ふみちゃん。

あの痛い女を演じさせたらピカイチの。(失礼)だもんで、給料カツカツですが、大阪まで遠征!!

 

劇の最初の方は、出演者の背景や関係を手探りしながらの鑑賞だったので、私は頭をフル回転。

でも、出演者の関係が見え始めたところから、いくつも散りばめられたギャグに反応し始め、クスクスと。

 

殺人事件の推理も難解でしたが、中盤の鎌塚アカシ(三宅弘城)と綿小路チタル(二階堂ふみ)の二人の推理に引き込まれ、密室のトリックが解けた瞬間には、「おおおっ!凄い!」と感動。

 

でも、実の犯人は?

 

途中、鎌塚アカシ(三宅弘城)と綿小路チタル(二階堂ふみ)のデュエットも!!!

 

最後は、なんだか良い雰囲気に包まれながら物語は終了!!

今回も、すごく面白かったです。

 

そしてそして、生の二階堂ふみちゃんは、やっぱり可愛かった!

この日の夜は幸せ気分いっぱいで、ビールをたらふく飲みましたとさ。おしまい。おしまい。www

 

 

2017年2月27日 (月)

ミュージカル「キャバレー」〜長澤まさみちゃんのフェロモンが〜

Img_1939

 

昨日は、PARCO produce ミュージカル「キャバレー」を観に福岡サンパレスへ行ってきました!!

ストーリ的には、「高校生が時空を超えて、恋愛するという。」ベタなストーリが好きなんだけど。。。(おいおい!)

まぁ、ミュージカルの古典ですからね。

目的は何と言っても「長澤まさみ」ちゃんです。よかった!

 

彼女独特の大笑いのシーンもあったし(個人的には、これが観れて満足。)、彼女の歌とダンスは素敵でした。

彼女、何度見てもイイ女性のフェロモンがプンプンする。

彼女に毒説を振るわれても、全ての男は満足しちゃうよねー

 

カーテンコールでは、松尾スズキさんも板に上がって曲「キャバレー」で大盛り上がり。もちろん会場はスタンディングオベーション!

長澤まさみちゃんの涙!涙!!

 

楽しい1日でした。ホント。(/ ^^)/アリガトネ

 

2014年8月 3日 (日)

キャラメルボックス「TRUTH」 〜どんなに苦しくても生きろ!〜

昨日は、演劇集団キャラメルボックスの2014サマーツアー「TRUTH」を観てきました!!

私は、歴史物では戦国時代よりも幕末時代の物が好きなので、素直にこの演劇のストーリーに入り込めたかな。

劇の内容は、幕末時代の出来事に直結するような話ではなく、若き上田藩士の友情の物語。

 

ちょっと、劇の内容から脱線しますが、改めて思ったのは、当時、TwitterやFacebookも無かった時代、薩長同盟軍と政府軍との戦況を把握し、いろいろな若者たちが「これからの日本」を真剣に考え、いろいろなところで激論を交わしていたということ。

なんか、今の日本人には、そんなところが少なくなった様な?

 

話を劇の内容に戻しますが、殺陣も迫力があって凄かったけど、劇中で勢い余ってカツラが外れた時は会場全体が爆笑。

そして、私の中で一番印象に残ったのは「お前も生きろ。どんなに苦しくても歯を食いしばって生きていくんだ!」の言葉。
本当に、私の心に突き刺さりました。

 

カーテンコールは、計3回あったんだけど、3回目で「この後、撮影があって、また会場使用の時間もありケツカッチンなんです。だから、このカーテンコールを最後にしてください!」と。
会場は爆笑でしたけれども、みなさん、そのお願いを快く承諾して退場を。w

 

いやーーーっ、素敵なお芝居でした。
御礼に、今回のお土産は手ぬぐいにしたでござる。

Img_0723

 

今回もちゃんと、みき丸を撮影したよ。

Img_0719

 

最後に、演劇集団キャラメルボックスの皆様、今後も頑張ってください。
昨晩は、素敵な一夜でした。(._.)アリガト

 

2014年6月 1日 (日)

演劇集団キャラメルボックス版「鍵泥棒のメソッド」〜爆笑と感動〜

Img_0537

 

昨日は、私が大好きな劇団「演劇集団キャラメルボックス」の「鍵泥棒のメソッド」を観に、池袋のサンシャイン劇場へ行ってきました。

 

先ず開演前に、加藤昌史さんの前説があったのですが、昨日、たまたま観たブルーインパルスの飛行の様子に感動したみたいで、その話をひたすら喋っておられておりました。その話の中で「有川浩に電話したかったんですが、電話番号を知らなくて。」と。w

 

私が拝見したのは、畑中智行、阿部丈二、渡邊安里さんのチームBLACKの千秋楽。

ストーリの方は、堺雅人、香川照之、広末涼子さんが出演した映画「鍵泥棒のメソッド」を観た方も多いとおもいますので割愛しますが、映画版よりこの演劇版の方が面白くて、途中、何度も拍手しちゃいました!

 

演劇版は映画版と違って、ズームアップとかの映像表現もできないしセットも最小限なので、ある程度、自分で想像しなければならず、かえって、それが映画版のようにフレームサイズが決まった画角に縛られる事も無いので、結果、大笑いできたのだと思います。

昨日の夜は、チームBLACKの千秋楽だったのでカーテンコールも4回あり、その中でも、畑中智行さんの話がわちゃわちゃしちゃって楽しかったです。

6/1の昼公演の様子がニコニコ動画で配信されるとのことで、畑中智行さんが加藤昌史さんに「詳細は?」と言ったら「ぐぐってください。」と!!それを聞いた西山浩幸さんは「くぐれ」と言って、ものをくぐる仕草をしてボケを。w

阿部丈二さんは、「お客様が近くにいるから芝居が成り立つ」旨の感想を述べておられました。

たぶん4回もカーテンコールがかかるとは思っていなかったらしく、急遽、渡邊安里さんが挨拶。
そして、「皆さんといつも逢いたいとおもっています。」と言いたかったところを、「皆さんといつもあってます。」と言ったものですから、会場は大爆笑!他の演者からは、「背後霊かよ?」と言われる始末。

 

今回は、記念にパンフレットを購入。

Img_0541

 

ちゃんと、みき丸の写真も撮りましたよ。

Img_0538

 

今後、私は九州に住むので(なかなかキャラメルボックスの観劇に足を運べないようになると思うので)、

Img_0542

 

  • DVD「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
  • DVD「クロノス・ジョウンターの伝説」(ミス・ダンデライオン/南十字星駅で)
  • DVD「サンタクロースが歌ってくれた」

を購入。(結構、散財しましたね。)

 

最後に、今作品の出演者方々および関係者のみなさま、ご苦労様でした。ツアー最終日までがんばってくださいね。(/ ^^)/アリガトネ

 

 

2014年3月16日 (日)

9days Queen 〜九日間の女王〜 堀北真希ちゃん、最後処刑に

9days_queen

 

昨日は、大好きな堀北真希ちゃんが主演を務める演劇「9days Queen 〜九日間の女王〜」を観に、赤坂ACTシアターへ行ってきました!!

 

本当に切ない物語。

 

堀北真希ちゃんが演じる「ジェーン・グレイ」は、大人達の陰謀で政略結婚させられ、そればかりか自分の意に反して「王位」を継承し、その後、メアリー1世の反乱で投獄されることに。

そして最後は、王冠を戴いたことによって大きな罪を犯した事を心に刻み、首を落とされるということに。

 

堀北真希ちゃんもかわいかったけど、上川隆也さんもカッコイイ!!(あっ、言っておきますけど、私、BLじゃないですからね!)

 

カーテンコール時は、ほぼ全員がスタンディングオベーション!!
何度も現れては颯爽と去って行き、ステージからハケルときには毎回ご挨拶をする堀北真希ちゃん。素敵でした!!

 

今夜も、感動をいただきましたので、

Img_0417

 

  • パンフレット
  • Tシャツ(ピンクとグリーン) 

を購入。

 

ちなみに、Tシャツはレディースしか無いとの事で、男性の場合は、首周りのサイズが小さくなるのでXLを買っていく人が多いとのことでした。そこで、私もXLを購入したのですが、ピンクについては今吊るしてある現物(最後の1枚)しかないとのことでしたので、購入できてとってもラッキー!!

 

最後に、このお芝居に出演された方ならびに関係者のみなさまご苦労様でした。
本当に、素敵な一夜を過ごさせていただきました。\(^o^)/

 

PS.

帰宅したら、昨日のチケットをもう1枚購入していたことが発覚。念の為、席の番号を見ると、もっと前で堀北真希ちゃんが見える席だったので、ダブルにショックでした。

まぁ、近日、DVDが販売されるとのことなので、それを期待しますかね。あはははは。。。

 

2014年3月 2日 (日)

もっと泣いてよフラッパー 〜松たか子さんの歌が魅力的でした〜

Motto_naiteyo_fraper

 

昨日は、Bunkamura シアターコクーンで公演されている劇「もっと泣いてよフラッパー」を観に行ってきました。!!

私は事前に何の情報も仕入れないでこの演劇を見たので、「なんと、不思議な異空間?!」って感じでしたね。

まぁ、私の場合、大好きな松たか子さんが見れれば十分満足なので、また、ストーリの感想については人それぞれだと思うしね!

 

この劇を観て思った事は、

  • 恋に落ちるには理由はないということ。
  • 女性は、恋愛に対して男性より強い心を持っているのかも?ということ。(女性は、昔の男を引きずらないみたいね!w)

かな?

この劇では、いくつかの男女のラブストーリーが描かれていたのだけれども、ラストシーンで手を振りながらステージ上から去って行く女性達の姿はどれも勇ましい。

 

松たか子さんは、演技も歌も素敵で本当に魅力的!ジル役の雰囲気も自分のスタイルにしているとおもいました。

あと、松たか子さんがタバコを吹かすシーンがあるのだけれども、男の私から見てもカッコいい!!(でも、私は喫煙する女性は苦手ですがね。)

 

今回のステージのカーテンコールでは、殆どの人がスタンディングオベーション!!

出演者みなさんで歌「もっと泣いてよフラッパー」を合唱して終了!
とっても楽しい一夜でした。

 

最後に、この劇の出演者ならびに関係者のみなさん、ご苦労様でした!!
また、次の芝居でお逢い出来る事を楽しみにしていま〜す。(*^ー゚)bグッジョブ!!

 

 

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ

bigmoroの関連リンク